PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google検索結果のスニペットを制御する「robots metaタグ」と「HTML属性」導入…ランキングには影響なし

投稿日:

Google検索結果のスニペットを制御する「robots metaタグ」と「HTML属性」導入…ランキングには影響なし

Google公式

Google、検索結果のスニペットを制御するための新しいrobots metaタグとHTML属性を導入

nosnippet

nosnippet タグは、テキストのスニペットを検索結果に表示させません。
なおこの robots meta タグは新しくありません。
以前から利用できます。

<meta name="robots" content="nosnippet">

max-snippet:[number]

max-snippet タグは、テキストスニペットの文字数を指定します。
[number] のところに数字を入れます。

下のように記述すると、そのページが検索結果に出てきたときのスニペットは最大で 160 文字になります。

<meta name="robots" content="max-snippet:160">

数字に「0」を指定するとスニペットは表示されません。
nosnippet と同じ働きになります。
「-1」を指定すると、文字数制限をしていないことになります(つまり、このタグは意味がなくなる)。

max-image-preview:[setting]

画像のサムネイルが検索結果に表示されるスニペットがあります。
max-image-preview タグはスニペットに表示される画像のサイズを指定します。

[setting] には 3 種類の値のいずれかを使用します。

●none: 画像をスニペットに表示しません
●standard: デフォルトの大きさの画像をスニペットに表示します
●large: viewport の幅に合わせて大きな画像を表示します
大きな画像をスニペットに表示させたければ次のように記述します。

<meta name="robots" content="max-image-preview:large">

画像サイズの制御は、AMP 結果と Discover フィードに掲載される画像にも影響します。

max-video-preview:[number]

max-video-preview タグは、検索結果に表示された動画のプレビューの再生時間を指定します。

[number] には秒数を入れます。
たとえば、プレビュー時間を 30 秒にするときは次のように記述します。

<meta name="robots" content="max-video-preview:30">

値に「0」を入れると、プレビュー再生されません。
つまり静止画になります。
静止画の大きさは、1 つ上で紹介した max-image-preview タグで指定可能です。

「-1」を入れると制限なく再生します(最初から最後まで?)。

併用可能

ここまでで説明した robots meta タグは併用可能です。
最大文字数を 100 文字にし、大きなサムネイル画像を指定するなら次のようになります。

<meta name="robots" content="max-snippet:100, max-image-preview:large">

強調スニペットにも適用

テキスト制御の robots meta タグは強調スニペットにも適用されます。
必要な文字数が強調スニペットにはあります。
その文字数に満たないスニペットを max-snippet で指定していた場合はそのページは強調スニペットとしては引用されないでしょう。

なお、強調スニペットに必要な文字数は言語のよって変わってきます。
明確に ○ 文字とは定まっていません。

X-Robots-Tag での構成可

HTML での meta タグではなく、X-Robots-Tag で HTTP ヘッダーに出力しても有効です。

Apache ならこうなりますかね。

Header set X-Robots-Tag "max-snippet:200"

スニペット制御用の HTML 要素

data-nosnippet 属性を使うと、そのページの中でスニペットに使わせたくないテキストを指定できます。

span、div または section 要素とともに用います。

検索結果に表示されるスニペットをより細かく制御する仕組みを提供することを Google は発表しました。専用の robots meta タグおよび HTML 属性の 2 とおりの方法を利用できます。

上の文章の 2 つめの文をスニペットしては使ってほしくなければ、次のように記述できます。

<p>検索結果に表示されるスニペットをより細かく制御する仕組みを提供することを Google は発表しました。<span data-nosnippet>専用の robots meta タグおよび HTML 属性の 2 とおりの方法を利用できます。</span></p>

 

Googleが検索結果のスニペットを制御するウェブマスターのリクエストを配信

【Google翻訳】
Googleが検索結果のスニペットを制御するウェブマスターのリクエストを配信

覚えているかどうかはわかりませんが、5月にDanny SullivanがGoogleランキングフェアのスクリーンショットを共有し、そこで彼はSEOとウェブマスターの懸念を共有しました。 それらの懸念の1つは、「ウェブマスターは、サイトリンク、タイトル、スニペット、機能付きスニペット、リッチスニペット、ナレッジパネルでの画像とテキストの混合、機能付きスニペットのオプトアウトなどをより詳細に制御したい」というものでした。 さて、私たちはそれを手に入れました-Googleは、スニペットを表示しないだけでなく、より多くの方法で制御できると発表しました。

Googleは昨夜、ウェブマスターが検索結果のスニペットをより詳細に制御できるようになると発表しました。 Googleにスニペットを表示するかどうかを決定できるだけでなく、スニペットの長さ、ビデオスニペットの表示量、スニペットに表示する画像のサイズを定義することもできます。 これについては、昨夜のSearch Engine Landでも詳しく説明しました。

新しいコントロールは次のとおりです。

「nosnippet」
これは、このページにテキストスニペットを表示しないことを指定する既存のオプションです。
「max-snippet:[number]」
新着! ページのスニペットの最大テキスト長を文字数で指定します。
「max-video-preview:[number]」
新着! 動画のプレビューの最大時間を秒単位で指定します。
「max-image-preview:[設定]」
新着! 「なし」、「標準」、「大」のいずれかを使用して、このページの画像に表示される画像プレビューの最大サイズを指定します。
これをスタンドアロンのメタタグとして使用するか、組み合わせて使用できるため、次のようなものを使用できます。

クリックしてフルサイズ

このための新しいdata-nosnippet HTML属性もあります。

クリックしてフルサイズ

Googleはrobots.txtドキュメントを更新して、この新しいサポートを追加しました。

残念ながら、変更を公開する前に変更をプレビューする方法はありません。少なくともGoogleのJohn Mueller氏はまだ言っていません。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
現在、これらの設定用のテストツールはありません。また、タイトル、スニペット、プレビューの動的な性質を考えると、それが役立つかどうかはわかりません。

Danny Sullivan氏は、これはGoogleのニーズとは関係がなく、これがランキングに影響を与えることはないと述べています。 これは単なる表示です。 多少のスニペットを表示できますが、これもランキングの対象ではありません。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
それは私たちのニーズではありません。 それは、コンテンツ所有者が自分が好むものに合ったきめ細かいオプションを持つことです。

しかし、これはGoogleが満たさなければならないニーズと本当に関係ないのでしょうか? Martyは、Google Search Consoleから本日受け取ったスニペットコントロールとフランスの法律に関する新しい通知のスクリーンショットを共有しました。

ちょっと@rustybrick-今すぐEUの出版社の受信トレイに到着しています。 @badamsがたくさん見ていると想像してください。

これらの新しいコントロールは10月中旬から下旬にリリースされます-ここでタイミングを確認してください

また、これはオーガニックスニペット専用であり、広告用ではありません。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏

明確にするために、これは単に豊富な結果と注目のスニペットのためではありませんか? それはまた、標準的なオーガニック検索結果の検索説明テキストにも影響しますか? 同僚と私は、ここでのブログ投稿の解釈が異なっていました。

『すべてのオーガニックスニペットに適用されます。』

これを使用して、Googleにメタ説明を使用させることができますか? 技術的には、多分誰かが10月末に公開するときにテストする必要があるのでしょうか?

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
そして、誰かがコンテンツをdata-nosnippetでラップするとしたら、メタ説明を表示することを余儀なくされますか?

『Webページ上のすべてのコンテンツをそのようにラップすると、メタ記述を使用する可能性が高くなります。 しかし、それは保証されません。 おそらく-かなりありそうにない-それを使用しないかもしれません。 スーパースパムの説明を検出する可能性のある画像ケース。』

これが完全に公開されるとGoogleからお知らせしますが、現時点では、必要に応じてページを準備できます。

要約すれば:

これで、スニペットの長さ、ビデオの長さ、スニペット内の画像のサイズを制御できます。
ランキングには影響しません。
10月中旬から下旬に発売されます。
Googleは、いつ公開を開始するかをお知らせします。
これらをマークアップに追加する前にプレビューする方法はありません。
いくつかの新しいEU法に関連しているかもしれませんか?

更新:Danny Sullivanに、EUのものがこのリリースを促進したかどうかを尋ねたところ、彼はそれがグローバルリリースであり、EUに固有のものではないと言っただけです。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
『スニペットオプションは、EUの報道機関の指定に関係なく、誰でも使用できるグローバルです。』

更新2:ダニーは、これは無関係であると述べました。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
わかりましたが、それは私の質問ではありませんでした。

『スニペットは、EUの報道機関の指定を必要とすることとは関係ありません。』

SEOコンサルタントのまとめ

様々なスニペットの制御ができるようになりますね。
そしてこれはランキングには関係なく、ユーザーの利便性を高めるためのものです。

【まとめ】
▼ランキングには影響しない
▼スニペットの長さ、ビデオの長さ、スニペット内の画像のサイズを制御可能
▼10月中旬から下旬に開始

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.