PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年9月20日)

投稿日:2019年9月26日 更新日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年9月20日)

2019年9月20日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

著者構造化マークアップをページに追加する必要があるのは一度だけです

Johnは、維持するのが難しく、Googleが理解するのが難しいため、itemprop作成者スキーママークアップを1ページの2つの異なる場所に追加することはお勧めしません。

レビューリッチスニペットの変更により、利用可能なレビュータイプが制限される

Review Rich Snippetsに加えられた変更は、Googleが特定のマークアップタイプのセットへのサポートを制限し、独自のエンティティをレビューするアプローチを修正したことを意味します。

GoogleはWebページレビューの構造化マークアップをサポートしなくなりました

ウェブページのレビューマークアップは、Googleの検索結果に表示されなくなります。ページ全体をレビューしてもあまり意味がなく、代わりにレビューは特定の製品に対するものであると予想されます。

テストツールを使用して、ハッキングされたすべてのコンテンツがサイトから削除されることを確認します

サイトがハッキングされ、Googleでインデックス付けされた仮想ページが残っている場合、Johnは、GSCのURLインスペクションツールなどのテストツールを使用して、Googlebotがこれらをクロールする方法を理解してから、インデックスからそれらを削除するために必要な手順を実行することをお勧めします。

インタースティシャルが表示された後にコンテンツが読み込まれると、Googleはページのインデックスを作成できなくなります

Googlebotはインタースティシャル広告とはやり取りしません。 GDPR通知。 代わりに、ページのクロールとレンダリングが行われます。 HTMLコンテンツの上で1つを使用している場合、Googleは引き続きページの残りを表示できますが、インタースティシャルが受け入れられた後にのみコンテンツがロードされる場合、Googleはインタースティシャルのみを表示し、 実際のコンテンツではなく、これにインデックスを付けてください。

新しいNofollow属性による主な変更は、アウトバウンドリンク用です

ヒントとなるrel = nofollowリンクの更新計画は、サイトで内部的にnofollowリンクを使用するときに最小限の変更が必要になるようにすることです。 ジョンは、内部のnofollowページをクロールまたはインデックス登録するほど重要ではないと引き続き考えています。

GSCでページ位置を表示すると、位置1から始まります

ページが位置0で注目のスニペットとして表示されている場合、使用する番号付けが1から始まるため、Google Search Consoleで位置1として表示されます。

GSCでページのランキングを表示すると、その検索結果ページの平均最上位がカウントされます

検索結果にページが複数回表示された場合、たとえば、注目のスニペットとして4番目の位置に表示された場合、GSCはその最上位の位置を表示します。 この例では、ページを位置1として表示します。 ただし、これは、URLレベルまたはクエリレベルのどちらから見ているかによって異なります。

自動生成されたコンテンツがすべてのサイト訪問者に役立つことを確認する

自動生成されたコンテンツをサイトに含める場合は、ユーザーにとって意味があり、十分な価値のある他のコンテンツがあるページに含まれていることを確認してください。

自動生成されたコンテンツのガイドラインは、今後さらに細かくなると予想されます

ジョンは、自動生成されたコンテンツの種類を区別するために、自動生成されたコンテンツのガイドラインの将来のレビューがあることを期待しています。 これは、論理コンテンツを生成できる機械学習モデルの進歩によるものです。

SEOコンサルタントのまとめ

●著者構造化マークアップをページに追加するのは1P一つだけ
●レビューリッチスニペットの変更により、利用可能なレビュータイプが制限
●レビューマークアップは、Googleの検索結果に表示されなくなる。
●新しいNofollow属性による主な変更はアウトバウンドリンク用
●GSCでページのランキングを表示は平均最上位。
●自動生成されたコンテンツがユーザー役立つのか確認しよう
●自動生成されたコンテンツのガイドラインは、今後さらに細かくなる

●新しいNofollow属性による主な変更は、アウトバウンドリンク用です
▼リンク
Googleが「nofollow」の扱いを変更、nofollowリンクでも評価対象になる場合あり

▼「nofollow」は今後は「手がかり」扱いなので評価対象になる可能性あり
▼既存の「rel="nofollow"」を修正する必要は無い。

●インタースティシャルが表示後にコンテンツが読み込まれるとページのインデックスを作成できなくなる
▼リンク

インターステーシャル広告関連記事

『煩わしいインタースティシャルが表示されるページは、すぐにコンテンツにアクセスできるページに比べユーザー エクスペリエンスが低くなります。画面が小さいモバイル端末であればなおさらです。Google では、モバイル検索時のユーザー体験をさらに高めるため、ユーザーがモバイル検索結果からページに遷移した際、すぐにコンテンツにアクセスできないようなページを、2017年1月10日より、これまでよりも低く掲載する可能性があります。』 1:ユーザーが検索結果からページに移動した直後やページを閲覧している最中に、メインのコンテンツを覆い隠すようにポップアップを表示する。 2:スタンドアロン インタースティシャルを表示して、それを閉じないとメインのコンテンツにアクセスできないようにする。 3:スクロールせずに見える部分がスタンドアロン インタースティシャルのように見えるレイアウトを使用して、インラインのメインのコンテンツはスクロールしないと見えないようにする。』 (Googleウェブマスター向け公式ブログ より)
「順位が落ちたのは【インターステーシャル広告を表示している為】」 だと思われます。 ■解決策 1:Googleに明確に改善した事を伝えるには ▼インターステーシャル広告を表示しない⇒「Fetch as Google」で報告 という対処が良いでしょう。 2:インターステーシャル広告を表示させたい場合 事情でどうしてもインターステーシャル広告を表示させたい場合は、「広告を小さくする」事です。
Cookie-の使用に関するインタースティシャルの例
年齢確認のインタースティシャルの例
煩わしいスタンドアロン-インタースティシャルの例
画像-Googleが提示する「煩わしいポップアップの例」

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.