PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年1月21日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年1月21日)

2020年1月21日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

<meta name = "robots" content = "follow">を含めてもデフォルト値であるため、検索には影響しません

<meta name = "robots" content = "follow">を使用しても、これはデフォルト値であり、Googleは基本的に無視するため、検索には影響しません。 ページに追加するHTMLの量を最小限に抑えることは別として、将来同じ質問に再び出くわすことを避けて削除することには価値がありません。

在庫切れアイテムのオプションには、インデックスなし、404の返却、スキーマの追加、または代替品へのリダイレクトが含まれます

在庫切れのアイテムは、HTMLとスキーマで指定して使用できないことを示すことで処理できます。 または、ページのインデックスを作成しないか、404を返すか、代替製品にリダイレクトできます。

JavaScriptリダイレクトは、Googleが301リダイレクトを処理するのに少し時間がかかります

JavaScriptのリダイレクトは、JavaScriptを最初に処理する必要があるため、Googleが理解するために301リダイレクトより長くかかります。

Hreflangは、翻訳されたバージョンのページには必要ない場合があります

言語コンテンツが異なるページは、テキストが異なるため、必ずしもhreflangを必要としません。したがって、Googleはそれらを重複ではなく一意のページとして扱います。

複数の翻訳バージョンを持つのではなく、イメージファイル名に1つのバージョンを保持する

ジョンは、画像の翻訳されたファイル名を作成せず、代わりに1つのバージョンを保持することをお勧めします。 画像ファイル名は小さなランキングシグナルとして使用されますが、表示されるページ上のテキストははるかに強力なシグナルです。

GSCでパラメーター化されたURLのクロールをブロックすると、PageRankが失われます

Googleは2つの正規のURL間のリンクを確認します。正規のリンク先URLがない場合、どこにも行かないと見なされ、使用されません。 リンクは通常、特定のパラメーターバリエーションへのリンクではないため、実際にはこれは問題ではありません。したがって、サイトのPageRankの多くを駆動する可能性は低いです。

Googleに直接ではなく、セーフサーチの問題をフォーラムに送信できるようになりました

Googleは、アダルトコンテンツまたはアダルトに近いコンテンツを含むコンテンツを含むWebサイトが多くの送信に含まれていたため、セーフサーチによって誤ってフィルタリングされた送信サイトのプライベートチャネルを閉じました。 セーフサーチの問題は、人々がフィードバックを受け取ることができるフォーラムで提出できるようになりました。

「&safe = active」URLパラメータが結果を変更するかどうかを確認して、サイトがセーフサーチの影響を受けるかどうかを確認します

site:クエリを実行し、URLパラメータとして「&safe = active」を追加して結果が変化するかどうかを確認することにより、サイトがセーフサーチによってブロックされているかどうかを確認します。

再クロールページの上限は6か月です

Googleでは、上限として少なくとも6か月に1回ページを再クロールする傾向があります。

キャッシュされたページをチェックして、リダイレクトがGoogleによって選択されたかどうかを確認します

ページのキャッシュバージョンがターゲットページかどうかを確認して、リダイレクト後にGoogleが正規バージョンを切り替えたかどうかを確認します。 GSC URLインスペクションツールを使用して、正規バージョンを確認することもできます。

SEOコンサルタントのまとめ

Googleジョンミューラー氏
Googleジョンミューラー氏
●<meta name = "robots" content = "follow">はデフォルト値なので使用してもランキングには影響無い。
●JavaScriptのリダイレクトは301リダイレクトより長く時間がかかる。
●画像ファイル名は小さなランキングシグナルだが、ページ上のテキストはよりに強力なシグナル。
●セーフサーチの問題をフォーラムに送信できるようになった。
●Googleは少なくとも6か月に1回ページを再クロールする。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述