PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO 白石竜次コラム

Googleのタイトル生成でタイトルが変わってしまった事例

投稿日:

ページタイトルが変わった体験談.png

Googleのタイトル生成問題

2021年8月、Googleがタイトル生成を変えたらしく、
WEB業界、SEO業界で話題になりました。

Google は先週、ウェブページのタイトルを生成する新しいシステムを導入しました。以前は、入力されたクエリに基づいてタイトルが変更されることがありました。新システムでは、このようなことは通常行われません。新システムでは特定のクエリに関係なく、内容を説明してドキュメント全体をより適切に表すタイトルを生成していると考えられるためです。

ページタイトルが変わった体験談

私は「まんが買取NAVI」
というサイトを運営しており、その中に
「【2021年】「まんが買取サイト」徹底比較ランキング…漫画を高価買取してくれるサイトはこれだ!」
というページを作っています。
このタイトルが変わってしまいました。

ページタイトルが変わった体験談.png

このページ「まんが 買取 比較」のKWで対策して、タイトルタグを

「【2021年】「まんが買取サイト」徹底比較ランキング…漫画を高価買取してくれるサイトはこれだ!」

というタイトルに設定したのに

「徹底比較ランキング…漫画を高価買取してくれるサイトはこれ…」

というタイトルに変更されています。
「まんが 買取 」というターゲットとしている重要なワードが外されておりそのせいか?
順位も落ちています。(10位台後半)

このページでは
「タイトルタグ」と「H1タグ」の文章を同じものにしているので、
今回のGoogleの新しいアルゴリズムによるものかどうかは不明です。
これが2021年9月3日です。

タイトルが戻りました

そしてこれが2021年9月16日、
タイトルは

「【2021年】「まんが買取サイト」徹底比較ランキング…漫画…」

に戻っていました!

まんが 買取 比較0916.png

そして順位も9位に戻りました。
「まんが 買取 」というターゲットとしている重要なワードが再度含まれたためと推測します。
なぜ変わったのか。なぜ戻ったのか?は不明です。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO, 白石竜次コラム

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述