PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Googleが12月5日に検索品質評価ガイドラインを更新!【まとめ】

投稿日:2019年12月8日 更新日:

penginseo-shkraishi-500

Googleが12月5日に検索品質評価ガイドラインを更新!

Google検索品質評価ガイドライン

Googleが12月5日に検索品質評価ガイドラインを更新

【Google翻訳】
Googleが12月5日に検索品質評価ガイドラインを更新
昨日、Googleが検索品質評価ガイドラインを更新したことを発見しました(PDFダウンロード)。 Search Engine LandのGeorge Nguyenが変更点を掘り下げました。詳細はこちらで確認できます。 要するに、Googleはガイドラインにページを追加して、最大168ページにしました。 Googleは紹介ページを追加しましたが、他にはあまりありません。 ジョージは、この変化は「多様性、公平性を強調し、ユーザーを指す言語に関係している」と述べた。

Google検索品質ガイドラインの更新により、さまざまなバックグラウンドのユーザーが強調されます

【Google翻訳】
Google検索品質ガイドラインの更新により、さまざまなバックグラウンドのユーザーが強調されます
評価者は、評価を個人的な視点に基づいて行わないように注意してください。

Googleの検索品質評価ガイドラインは、12月5日木曜日に更新されました。改訂では、多様性、公平性、およびユーザーを指す言語に関するものが強調されました。

検索エクスペリエンス

ガイドラインの冒頭には、なぜ人々が検索を実行するのか、そしてどのように検索を実行するのかを説明する概要(セクション0.0、以下を参照)が先頭にあります。

セクション0.0全体は新しいものですが、赤いボックスで示された段落は、特定のクエリの複雑な性質を参照し、ガイドラインの改訂版の残りの部分のトーンを設定します。 」

特定のコンテキストでは、「ユーザー」が「ユーザー」に置き換えられました。 たとえば、セクション0.2は、9月5日のガイドラインの「ユーザーはユーザーを代表する必要があります」から現在のバージョンの「レーティングロケールでユーザーを代表する必要があります」に改訂されました。

評価者の偏りを取り除く

セクション0.2の改訂に加えて、評価者がガイドラインに記載されている指示と例に基づいて評価を行うよう指示する新しい段落が追加されました。
評価者は、彼らの評価が「個人的な意見、好み、宗教的信念、または政治的見解に基づいてはならない」とも言われます。

ユーザーの定義

「検索エンジン」および「ユーザー」という用語は、「重要な定義」セクションに新しく追加されたものです。
ユーザーを定義する段落内で、評価者は、ユーザーはさまざまな背景と視点を持つ人々であることを思い出します。「ユーザーは世界中の人々、つまりあらゆる年齢、性別、人種、宗教、政治的所属などの人々であることを忘れないでください」 ''この定義は、セクション12.1に再び表示されます。

人と政治的所属

。セクション14.6内の2つのパラグラフ(動揺または不快なコンテンツの評価に関する)には、小さいながらも意味のある追加が加えられました。

どちらの場合も、「ユーザー」が「ユーザー」に置き換えられ、政治的所属が多様性のもう1つの側面として追加されました。

なぜ私たちは気にしますか

検索品質評価者の評価はランキングに直接影響しませんが、Googleのアルゴリズムの改善に役立つフィードバックを提供します。 Googleはわずか3か月前にガイドラインを更新し、インタースティシャルページとコンテンツクリエーターの専門知識に関する詳細な指示を追加し、特定のセクションの「ページ品質」内に「E-A-T」(専門性、信頼性、信頼性)を追加しました。

ユーザーが評価者自身とは非常に異なる可能性のある実際の人であることを強調することで、評価からバイアスを排除することができます。 Google(およびFacebook)は、政治グループによるバイアスの非難に直面しています。 特に政治的コンテンツに関する評価は、政治的見解への多数の新しい言及によって証明されるように、グーグルがその評価者に個人的な視点を排除することを望んでいる領域のようです。

SEOコンサルタントのまとめ

seokku
Googleが12月5日に検索品質評価ガイドラインを更新しました。
翻訳そのままですが簡単なまとめです。

▼168ページになった
▼多様性、公平性を強調し、ユーザーを指す言語に関係している
▼「レーティングロケールでユーザーを代表する必要があります」に改訂
▼政治的所属が多様性のもう1つの側面として追加

サクラサクLABO

サマリとしては以下のような変更であったと考えられます。
・評価者に個人的な見解を排除して、検索地点の基準をもとに検索結果を評価させる
・検索ユーザーだけでなく、周りの人々への影響も考慮する
・政治的指向を含むユーザーの多様性に配慮する

変更点①:検索や検索体験に関する説明が追加
ガイドラインの冒頭に、"Search Experience"と題したセクション0.0が追加されました。
ユーザーが検索を行うシチュエーションや、検索結果に求められる性質(高品質・信頼性・権威性・多様性・不快でないことetc)について一通り言及されています。

変更点②:評価者は調査地域の代表者であることを強調
品質評価は個人的な意見・好み・宗教・政治的な意見によらず、調査地域の文化的基準や規範をもとに判断するよう求められています。
偏った意見に基づいて評価することを避けたいという意図があるものと考えられます。

変更点③:“user”を”people”に表記変更
ガイドライン内のいくつかの箇所で以前”user”と記載されていた点が、”people”に変更されています。
詳細な意図は示されておらず不明ですが、検索ユーザーだけでなく、直接検索していなくとも影響を受けうる人々を含めたいのだと考えられます。

変更点④:ユーザーが政治的指向を含めたさまざまなバックグラウンドをもつことを強調
ガイドライン内のいくつかの箇所でユーザーは、年齢、ジェンダー、人種、宗教、政治的指向など、さまざまなバックグラウンドをもつことを考慮して評価を行うよう繰り返されています。

 

[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

2019/9/5「Google検索品質評価者ガイドライン」変更点まとめ

2019年9月5日更新のGoogle検索品質評価者ガイドライン【比較まとめ】
■2.3『YMYL(お金・健康・人生)ページ』
※(YMYL=Your Money Your Life)
●「トピック」という言葉の追加
【白石】「ページ」だけではないという事でしょうか。ページのメインの内容がYMYLでなくても、一部にYMYLの内容が書いてあればその部分を評価される、と考えられます。●「ニュース記事または市民に情報を提供するために重要な公開/公式情報ページ」および「法的情報ページ」セクションが再編成され、「ニュースと現在の出来事」と別に「市民」、「政府」、および「法律」が独自のカテゴリに分類
●「ショッピング」と「金融」は2つの別個のカテゴリに
●「人々のグループ」が追加。説明は、憎悪グループ、連帯グループ、またはその間の何かに関連すると解釈できます。
【白石】YMYLについて一緒にまとめられていたものが、より細分化され、具体的な表記が増えてきたように思えます。●「その他」が追記され「YMYLと見なされる可能性のあるコンテンツの例」も追加されています。(フィットネスや栄養、住宅情報、大学の選択、就職など、大きな決断や人々の生活の重要な側面に関連する他の多くのトピックがあり、YMYLと見なされる場合があります。)
【白石】「フィットネス・栄養・住宅情報・大学の選択・求人」などにも「MYL」とみなされる可能性があります。「金融」や「健康」だけではない(解釈が広がった)ので注意が必要です。

●「医療情報」と呼ばれていたものが「健康と安全」になりました。
●Medicalセクションが3位から5位に格下げされただけでなく、Medical Information PagesからHealth and Safetyに名前が変更

【白石】YMYLトピックの順位が変更。
1:ニュースと時事
2:市民、政府、法律
3:ファイナンス
4:ショッピング
5:健康と安全(医療情報ページから名称変更)
6:人々のグループ(新規)
7:その他(新たに改訂)

健康関連が3位から5位に。

■2.5.2『ウェブサイトの責任者とページ上のコンテンツの作成者を見つける』
●「Webサイトでは、ユーザーが自分で作成したコンテンツと他のユーザーが追加したコンテンツを区別できるようにしたい」と記載
【白石】昨年から匿名のアフィリエイトサイトの評価が落とされていますが、著者情報の記載はさらに重要になると思われます。

■2.6.1『ウェブサイトまたはメインコンテンツの作成者の評判に関する調査』
●「新聞のウェブサイト」を「新聞(関連するウェブサイトを含む)」に置き換えることにより、印刷メディアをより重視しています。
【白石】新聞社のコンテンツを重視するようです。既にそうなってはいますが。

■4.6『高品質ページの例』
●ニュースの説明には、客観的な報告と調査ジャーナリズムに対する好評が含まれるようになりました。

■5.0『最高品質のページ』

■5.1『非常に高品質のメインコンテンツ』
●YMYLトピックをニュース記事と情報ページの範囲外に拡大
【白石】
Googleはコンテンツの独自性を高く評価します。また情報元の明記の必要性も語っています。
そして画像、写真、ビデオなどコンテンツの品質と独創性もより評価されるようになるので、コンテンツにはオリジナルの画像や動画を入れる方が良いですね。

■5.2『非常に肯定的な評判』
●E-A-Tへの言及を削除し、評価者にYMYLコンテンツクリエーターの評判を慎重に確認する
●ウェブサイトの評判は、品質評価者ガイドラインの一部となっています

■5.3『E-A-Tの非常に高いレベル』
●YMYLコンテンツの全体的な水準を引き上げますが、E-A-Tの基準は異なる

■5.4『最高品質のページの例』
●賞、高品質のメインコンテンツ、独自性、独創性、深み、調査ジャーナリズムを強調

■6.7『低品質ページの例』
■7.3『潜在的に憎悪を広めるページ』

●「基準」は削除され、最低のページ評価を適用するためのより広範なベースに置き換えられました。

■11.0『ページ品質評価に関するよくある質問』
●Googleは、芸術表現、ユーモア、エンターテインメントなどのために存在するページは「すべての有効で価値のあるページの目的」であり、配信されないために必ずしも低品質の評価に値しない可能性があることを評価者に対してより明確にしました

■12.9『電話に関する問題の評価』
■13.2.1『 Fully Meets(FullyM)結果ブロックの例』

●添付されていたメモは削除

■13.5.1 『Slightly Meets(SM)結果ブロックの例』
●「ellen degeneres」の例は削除

■13.6『失敗(FailsM)』
●「zoo atlanta」の例は削除』

■14.6.1『動揺攻撃フラグの使用
●「基準」という言葉は削除され、Upsetting-Offensiveフラグの適用を正当化するためのより広いベースが可能になりました。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述