PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「カテゴリページに必ずしも必要ではない追加コンテンツ」

投稿日:

Google:カテゴリページに必ずしも必要ではない追加コンテンツ

【Google翻訳】
Googleが商品の名前に基づいてページの内容を理解できる場合、商品カテゴリページは必ずしも追加のコンテンツを必要としません。

Googleは、商品名がページの内容を説明している場合、商品カテゴリページにコンテンツを追加する必要は必ずしもないことをお勧めします。

これは、2021年9月17日に記録されたGoogle Search CentralSEOハングアウト中にGoogleのJohnMuellerによって述べられています。

Kamal Allazovという名前のSEOは、製品カテゴリページの最小単語数についてMuellerに尋ねます。

Google社員がウェブページの理想的な単語数に関する質問に答えるのはよくあることですが、最低限のことをすることについて尋ねられることはめったにありません。

では、カテゴリページをGoogleでランク付けするために必要なコピーの最小量はどれくらいですか?
答えは、製品自体をリストする以外に追加のコンテンツは必要ないかもしれないということです。

これがミューラーの完全な回答です。

製品カテゴリページのGoogleのJohnMueller

カテゴリページに必要な最小単語数に関連しているため、ミューラー氏は制限はないと言います。

AllazovはMuellerに詳細を要求し、300語が受け入れられるかどうかを尋ねますが、Muellerはそれが受け入れられるかどうかを言いたくありません。

Googleがページの内容を理解できるように、ページには少なくともいくつかの情報が必要です。 多くの場合、その情報は製品名によって伝達されます。

「制限はありません。 制限はないので、「はい」または「いいえ」とは言いません。 特にカテゴリページでは、トピックが何であるかを理解するために、ページにいくつかの情報が必要なものだと思います。 しかし、それは一般的に非常に少ない情報であり、多くの場合、あなたがとにかくリストした製品からそれを理解しています。」

それは論理的に聞こえますが、製品にわかりにくい名前が付いている場合は機能しません。

たとえば、ファッションの世界を考えてみましょう。 デニムを販売している会社は、「レギュラーフィット、ブーツカット、ダークウォッシュジーンズ」のような説明的なものではなく、「マイク」としてジーンズをリストする場合があります。

その場合、Googleがクロールしているページについて詳しく理解するには、追加のコンテンツが必要になります。

ただし、製品名がより一般的である場合は、Googleがページをランク付けするために必要なのはそれだけかもしれません。
「製品の名前が私たちが理解できるほど明確である場合、これは、ランニングシューズや、ナイキのランニングショー、アディダスのランニングシューズ、さまざまなブランドなど、わかりません。 これはランニングシューズのリストです。

そこに余分なテキストを入力する必要はありません。 ただし、製品名を理解するのが少し難しい場合もあります。その場合は、コンテキストを提供するためにテキストを追加するのが理にかなっている場合があります。 しかし、それは通常、1、2、3文のサイズの追加のコンテキストです。」
最後のフォローアップの質問として、AllazovはMuellerに、ブログ記事のコンテンツをカテゴリページに転用できるかどうかを尋ねます。

ミューラーはそう言います、それはまったく問題ありません。

"もちろん。 非常に少量のテキストについて話している場合は、それを複製してもまったく問題ありません。 通常、ブログの投稿にはもっとたくさんの文がありますが、同じ文がいくつかある場合は、まったく問題ありません。」

以下のビデオでミューラーの完全な回答を聞いてください。

English Google SEO office-hours from September 17, 2021

SEOコンサルタントのまとめ

質問:カテゴリページをGoogleでランク付けするために必要なコピーの最小量はどれくらいですか?

■Google ジョン・ミューラー氏
回答:制限はないので、「はい」または「いいえ」とは言いません。 特にカテゴリページでは、トピックが何であるかを理解するために、ページにいくつかの情報が必要なものだと思います。

質問:ブログ記事のコンテンツをカテゴリページに転用できるか」
■Google ジョン・ミューラー氏
回答:もちろん。 非常に少量のテキストについて話している場合は、それを複製してもまったく問題ありません。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述