PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「コンテンツの送信とクロールの削除は行っていません」

投稿日:

Google「コンテンツの送信とクロールの削除は行っていません」

Google:コンテンツの送信とクロールの削除は行っていません

【Google翻訳】
Google:コンテンツの送信とクロールの削除は行っていません

今月初め、Bingは、Bingがページをまったくクロールすることなく、コンテンツとHTMLを検索エンジンに送信できるようにするパイロットを発表しました。これにより、これらのサイトをクロールする要件が効果的に削除されます。 Googleにも同様のことを検討しているかどうかを尋ねたところ、会社はノーと答えました。

ビデオの22:43マークで、これについてGoogleのジョンミューラーに尋ねました。彼が知っている限りでは、GoogleはWebをクロールする代わりにURLやHTMLを送信する際にBingと連携していないと言いました。 Googleにはインデックス作成APIがありますが、そのAPIは求人情報とライブストリーム専用です。

ジョンは、Googleが何らかのインデックスAPIを使用して、頻繁に多くのコンテンツを生成するサイトからコンテンツを高速化する可能性について議論するたびに、それらの議論のすべてが、Googleがまだサイトをクロールしたいと言っていると語ったと述べました。彼はこれまでのところ、GoogleはクロールせずにコンテンツとHTMLをフィードするのではなく、ページをクロールしてそこからコンテンツを取得できることを好みます。

ジョンにこれを尋ねたところ、彼が答えた場所の埋め込みがあります:

Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
English Google Webmaster Central office-hours from October 29, 2019

SEOコンサルタントのまとめ

Googleはクロールをしたいということですね。

関連記事j:

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.