PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「速度の最適化とランキングのためにAMPを使用して不正行為をしているわけではない」

投稿日:

SEO会議

Google「速度の最適化とランキングのためにAMPを使用して不正行為をしているわけではない」

Google:速度の最適化とランキングのためにAMPを使用して不正行為をしているわけではない

【Google翻訳】
Google:速度の最適化とランキングのためにAMPを使用して不正行為をしているわけではない

すぐに戻って、Googleがページエクスペリエンスアップデートをリリースしていることを思い出してみましょう。 コアとなるWebバイタルの一部はランキング要素になり、ページを高速にしたいと考えています。 AMPを使用する場合、GoogleはAMPページを使用してこれらの要素を測定します。

GoogleのJohn Mueller氏は、AMPを使用することは不正行為ではないと述べています。 この質問は、Googleがどのバージョンを使用するかを尋ねたときに出されたものです。これは、すでに上記で回答したもので、Googleが検索者に提供するバージョンです。

しかし、ここで:

「@googlewmc @JohnMu @dannysullivanさん、新しい#webvitalsの「ランキングファクター」と@AMPhtml要件をトップストーリーから削除したことについてのニュース-評価対象となるバージョンを教えてください。 URLまたはキャッシュ? キャッシュされたAMPは有効なAMPよりもはるかに良いスコアを持っているので?」

ジョンはグーグルが検索者が見るものを測定すると言います:

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
うん、これも知りたい。 GoogleはAMPバージョンの速度指標を決定するために、AMPキャッシュされ、最適化され、事前にロードされた(つまり、だまされた)URLまたはキャッシュされていない通常のWebサイト独自のURLを使用しますか?

『一般的なアプローチは、ユーザーが実際に目にするものを測定することです。』

それは不正行為ですか? ジョンはノーと言います。

『遅いAMPページを作成でき、高速なレガシーページを作成できます。 高速になるように設計されたフレームワークを使用しても、速度に関してはだまされません。それがジョブに適したツールであれば、それは潜在的に論理的なアプローチです。 幸い、高速なサイトを作成する方法はたくさんあります。』

AMPを使用する必要はありません。ページを高速にしたいものは何でも使用できます。 しかし、Googleは一般に、高速であるように設計されているという理由だけで、AMPページを超高速と見なしています。 もちろん、AMPページを低速にすると、Googleはそれらのページを低速として認識します。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述