SEOコンサルタントの運営するSEO情報・SEOサービスのサイトです。SEOについてのアドバイス、作業を行う仕事をしています。運営者はSEOコンサルタント・白石竜次(「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」他)です。お気軽にお問合せください。

SEOコンサルタント.com

PR




[PR]ランサーズ

SEO

中小企業の30%だけが現在のSEO業者を推薦している

更新日:

【SEO】中小企業の30%だけが現在のSEO業者を推薦している

調査によると、中小企業の30%だけが現在のSEOプロバイダーを推薦しているという。

Only 30% of SMBs would recommend their current SEO provider, survey finds[Search Engine Land]

【Google翻訳】
調査によると、中小企業の30%だけが現在のSEOプロバイダーを推薦しているという。

1か月に500ドル以上を使った人たちはもっと幸せになる可能性がありますが、それでも業界全体の満足度は低いとの結果が出ています。

Backlinkoの創設者であるBrian Dean氏は、「多くの顧客がSEO代理店との関係が悪くなっていることを非難していることに驚いた」と述べた。 30%が否定的なレビューを残すと答えました。

このレポートでは、予算と満足度の間にも強い関係があり、SEOサービスに月額500ドル以上を捧げている顧客は、支出が少ない人と比較して「非常に満足している」と自称しています。調査は、SEOサービスの全体的な認識に貢献した多くの要因の1つにすぎません - この調査では、事業主に、テーマに対する満足度、期待、好み、代理店を選択する際の最優先事項についても尋ねました。

クライアントの教育と満足度「実際、私たちのパネルの50%が「SEOが提供するものから十分に利益を得るためにはさらなるトレーニングが必要だと感じています」と答え、さらに28%はSEOプロバイダーの推奨を実行するスタッフがいないと答えました」ディーンはサーチエンジンランドに言った。

調査によると、44%の中小企業が業績に不満を持っていたために彼らのSEOプロバイダーを辞め、34%がそれが即応性と顧客サービスの問題によるものであると答えました。 SEOサービスに満足している事業主のサブセットは、「非常にWebに精通している」と自称する可能性が2倍高いことがわかりました。一方、失効したクライアント(複数のSEOサービスを扱っている顧客)は、 Webに精通していません。

「この調査結果は、クライアント教育が数ヶ月後にクライアントを失うことと、何年もの間忠実なクライアントを持つこととの違いになり得ることを示しています。また、リソースでクライアントをサポートする(または単に「気の利いたホイール」である)ことで、代理店がクライアントのタイトルタグを変更したり、Googleマイビジネスのリスティングを修正したりできるようになります」とDean氏は説明します。

クライアントの期待と好みSEOサービスに参加している事業主の最優先事項は、サイトトラフィックの増加(回答者の65%)、新規顧客へのアクセス(62%)、ブランド認知度の向上(61%)でした。

反対に、ソーシャルメディアの存在は優先順位が低いように思われ、回答者の26%が非常に重要であると答えています。もう一度、学部長はソーシャルメディアマーケティングの利点を見ることができるが中小企業はその可能性に気づいていないかもしれないと説明し、Deanは考えられる要因として教育の欠如を挙げた。

「マーケティング担当者は、ソーシャルメディアがトラフィックの増加、ブランドの認知度、そして時には売上高さえも高めるのに役立つことを理解しています。しかし、Instagramへの投稿がどのようにしてより多くの顧客を呼び込むことができるのかを知ることは、ピザ店のオーナーや歯科医にとって難題です。ドットをつなぐには、ソーシャルメディアマーケティングの経験がある人が必要です。」

代理店を選ぶ中小企業の74%が、評判が最優先事項であると答え、「非常に」または「非常に」重要であるとしています。 SEOプロバイダーを選択する際には、コスト(70%)とGoogleのランキング(59%)も考慮に入れました。

クライアントが代理店を選択するか、代理店に滞在するかどうかでも、物理的な場所が大きな要因でした。米国を拠点とする中小企業の78%が、プロバイダーの場所を「非常に」または「非常に」重要だと考えていました。興味深いことに、回答者の半数強が実際に自分の代理店の所在地を知っていました。

上記のソーシャルメディアの調査結果と一致して、代理店のソーシャルメディアのプレゼンスは考慮事項のリストの中で最低(38%)でした。

なぜ私たちは気にする必要があります。この調査は、顧客満足度の暗い絵を描いています。たとえ彼らが自分自身のせいであっても、それはSEOを免除しません。私たちがしていること、私たちがしていること、そして彼らが支払っていることを理解しているクライアントは、私たちのサービスに満足しています。それを必要とする顧客にとって、SEOは教育を彼らの通常の義務の一部と考えるべきです。

ソーシャルメディアの存在感を築くことに置かれた比較的低い価値は、すべてのブランドに当てはまるわけではありませんが、クライアントの優先事項に注意を払う必要があります。 Deanが彼の調査結果で述べたように、「私たちの最初のステップは、あなたのFacebookページでもっと好きになることです」と言っている「新しく雇われたSEOプロバイダーは彼らのクライアントの言語を話していません。その一方で、クライアントとプロバイダの関係を「よりターゲットを絞ったトラフィックと顧客を獲得できるよう支援することを楽しみにしています」と、より満足のいくクライアントになるでしょう。

調査結果はまた代理店のソーシャルメディアの存在が地理的な位置よりはるかに重要でない要因であることを示唆しています。ソーシャルキャンペーンにリソースを注ぐのではなく、地域の広告を購入したり、身近なコミュニティの中であなたのサービスに対する意識を高めることは、より価値のある投資かもしれません。

SEOコンサルタントのまとめ

この数字が良いのか悪いのか…
SEO業者への偏見や歌手評価は感じます。逆にインフルエンサー、というか「宣伝(広告)」への期待というか信頼をしていると感じます。個人的に。

SEO業者関連リンク
【SEO】SEOスパム経験者の言葉「SEO事業者は、品質に関するウェブマスター向けガイドラインを遵守すべし」
【SEO】危険な被リンクを見分けるポイントその2
【SEO】今すぐ知りたいSEOの疑問…その1「SEOの価値を顧客に伝えるには」「サイトリンク」など

PR



SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサル
・SEOアドバイス
・講演依頼/セミナー/ワークショップ

SEOコンサルタント問い合わせ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

[PR]サクラサクLABO

SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.