PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Googleは、サイト運営者向けのコンテンツポリシーの簡素化と標準化を進めています

投稿日:

2-6

Googleは、サイト運営者向けのコンテンツポリシーの簡素化と標準化を進めています

Googleは、サイト運営者向けのコンテンツポリシーの簡素化と標準化を進めています

【Google翻訳】
Googleは、サイト運営者向けのコンテンツポリシーの簡素化と標準化を進めています

更新は9月に公開され、AdSense、AdMob、Ad Managerを使用するすべてのサイト運営者に適用されます。

Googleは、サイト運営者のコンテンツポリシーの表示方法を再編成し、AdSense、AdMob、Ad Manager全体でコンテンツポリシーと制限を標準化しています。

Googleコンテンツポリシーは、間もなく2つのカテゴリに分割されます:Googleサイト運営者ポリシーとGoogleサイト運営者制限。 Googleサイト運営者向けポリシーページには、収益化できないコンテンツの種類の概要が表示され、Googleサイト運営者向け制限ページには、ポリシーに違反しない特定のコンテンツタイプの概要が表示されますが、アルコールやタバコ関連のコンテンツなど、すべての広告主にアピールすることはできません。

この更新プログラムは9月に公開される予定で、どのコンテンツを収益化できるかを理解するという点で、サイト運営者にシンプルなエクスペリエンスを提供することを目的としています。

気にする必要がある理由

ブランドとマーケティング担当者は、より透明でブランド保護された環境を作成するために、デジタル広告プラットフォームを長らく求めてきました。 その過程で、広告プラットフォームのコンテンツポリシーの多くは、サイト運営者にとって従うことおよび理解することが困難でした。 この更新により、Googleはサイト運営者がルールを遵守しやすくなりました。

「パブリッシャーから聞いた一貫性のあるフィードバックの1つは、製品全体でポリシーをさらに簡素化し、理解とフォローを容易にすることです」と、Googleの持続可能広告ディレクターScott SpencerはInside AdSenseに書いています ブログ。

Googleは新しいコンテンツポリシーを開始せず、それらの表示方法に関するフレームワークを再構築するだけです。

ニュースの詳細

・新しいGoogleサイト運営者向けポリシーページでは、違法なコンテンツ、危険または軽rog的なコンテンツ、性的に露骨なコンテンツなど、収益化できないコンテンツの概要を説明します。

・Googleサイト運営者の制限ページには、コンテンツポリシーに必ずしも違反していないが、一部の広告主にとって魅力のない特定の種類のコンテンツが一覧表示されます。「パブリッシャーは、このコンテンツを収益化しようとしてポリシー違反を受信しませんが、一部の広告主と 広告製品がそれに入札します。」

・Googleは昨年、パブリッシャーのポリシーに違反したため、734,000のパブリッシャーとアプリ開発者を広告ネットワークから削除したと報告しています。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述