PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「H1タグは検索ランキングにとって重要ではない。無くても複数でも良い」

投稿日:2019年10月2日 更新日:

コンテンツSEO

Google「H1タグは検索ランキングにとって重要ではない。無くても複数でも良い」

Google:H1タグは検索ランキングにとって重要ではない

【Google翻訳】
Google:H1タグは検索ランキングにとって重要ではない

GoogleのJohn Mueller氏によると、サイトはH1タグの有無にかかわらず正常にランク付けできます。 H1タグを使用する必要はありません。また、多くの方法を使用することもできますが、Google検索にとって特に重要な問題ではありません。

彼は、それがユーザーがページの構造を理解するのを助けるのと同じように、Googleがページの構造を理解するのを助けると言った。

彼はこれをビデオで、金曜日の23:47マークで、「Webページにh1タグを1つだけ持つことは必須ですか、それとも複数回使用できますか?」

JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
そのため、この質問も何度も受け取ります。 h1タグは、ページ上で好きなだけ使用できます。 制限はありません。 上限も下限もありません。 h1要素は、ページに構造を追加して、ユーザーと検索エンジンがページのどの部分が異なる見出しの下にあるのかを理解できるようにする優れた方法です。 したがって、ページ上で適切に使用します。
特に、html5がページに複数のh1要素を持っている場合は、完全に正常であり、一種の期待です。 したがって、心配する必要はありません。 また、一部のSEOツールはこれを問題として報告し、「h1タグがない」または「h1タグが2つある」と言っています。 私たちの観点からは、これは重大な問題ではありません。 ユーザビリティの観点から、それを改善することは理にかなっているかもしれません。 したがって、これらの提案を完全に無視するわけではありませんが、重要な問題とは思わないでしょう。
あなたのサイトは、h1タグなしでも5つのh1タグでも完璧に機能します。

English Google Webmaster Central office-hours from September 27, 2019

Googleによると、複数のH1がSEOの邪魔になることはありません

ただし、Googleは引き続きセマンティックヘディングを使用して、ページのさまざまな部分のコンテキストを理解します。

10月3日の#AskGoogleWebmastersでWebmaster Trendsのアナリスト、ジョン・ミューラーは、「私たちのシステムはページ上の複数のH1見出しに関しては問題ありません」と語りました。

質問。 「見出しとアクセシビリティをどのように処理するかという質問に対する明確な答えがありますか?私はたくさんの複数のh1(1つを除くすべてが視覚的に隠されている)をそこに見ます…誰もがそれを異なって扱います。

タグのようなもの」とTwitter経由でユーザー@chaeppeliに尋ねました。
 

答え。前述のように、ミューラーは、Googleのシステムは複数のH1見出しで作動しないと説明し、「ウェブ上でかなり一般的なパターン」であると指摘しました。

Googleが見出しを使用する方法。 「ページのさまざまな部分のコンテキストをよりよく理解するために、見出しを使用します」とミュラーは言いました。 「明確で、意味的に理解可能な見出しがあると、特定のページを理解するのに役立ちます。ただし、ウェブを見つけたら作業する必要があり、その多くは意味的に構造化されていません。」

「ユーザーにとって、違いは最小限です。両方の種類のページは、彼らが持っている質問に非常に関連性があります。順番に、私たちのシステムはあまり選り好みしません。1つのH1見出し、複数のH1見出し、またはセマンティックHTMLをまったく使用しないスタイル設定されたテキストなど、HTMLを見つけたとおりに処理しようとします。」

なぜ気にする必要があるのか​​。 「要するに、このトピックについて考えるとき、SEOが主な目的であってはなりません」とミュラーはアドバイスしました。 「代わりに、ユーザーのことを考えてください。コンテンツにアクセスできるようにする方法があれば、複数のH1見出しやその他の標準的なHTML構造を使用することで、SEOの取り組みを妨げることはありません。」

複数のH1を持つサイトを継承したSEOの場合、これらすべての見出しを再フォーマットするのは時間の無駄です。ただし、Googleはページのさまざまな部分のコンテキストを理解するために見出しを使用するため、見出しのない重要なページに見出しを追加する価値があるかもしれません。

見出しの詳細。見出しタグを活用するのに役立つ追加リソースを次に示します。

木村賢氏

h1タグはSEOに必要? 不要?

地方自治体の災害関連ページを、無料でCDN化してアクセス集中に備える方法【SEO記事12本まとめ】[Web担当者Forum]

●現在はh1タグがなくても問題ない
●1つのページで複数のh1タグを使っても問題ない

今のGoogle検索では、h1タグにキーワードが含まれているかどうかでランキングに目に見えるような差が出るとは、到底思えない(検索結果ページでのクリック率はtitle要素が中心なのでここでは触れない)。

そう聞くと、「h1タグはもう要らない」と結論付けたくなるかもしれないが、必ずしもそうとは言えない。

SEOの観点から言えば、検索エンジンはh1タグをまったく考慮しないというわけではない ―― つまりh1タグを適切に記述することは、ページに書かれている内容をグーグルが理解する手助けにはなる(現在の検索エンジンはh1タグに頼らずとも内容を理解できるので、「絶対になければならないもの」だとも言えないレベルだが)。

一方でHTML、言い換えればセマンティックの観点からは、見出しとしてh1タグ(さらに、次のレベルの見出しとしてh2タグ、さらにその次のレベルの見出しとしてh3タグ)を使うことには意味がある。見た目的に見出しに見えるようにCSSでデザインすることに加えて、hタグでマークアップしていくことで、ドキュメント構造をより適切に表せる。

またセマンティックの観点は、アクセシビリティの観点にもつながる。h1タグでマークアップすることは、見出しであることを明確に定義しており、たとえばスクリーンリーダー(読み上げブラウザ)を利用するユーザーに対して役立つ。

グーグルのSEOだけに焦点を当てるのであれば、h1タグはなくても構わない。あるに越したことはないが、既存のページに設定していなくても、わざわざ今から追加するほどの労力をかける価値は高くないだろう。

だが、特にアクセシビリティを考慮するのであれば、適切な見出しにh1タグを設定することが推奨される。要は、h1タグは適切に使用するのが良いが、その目的はSEOだけではないということだ。

SEOコンサルタントのまとめ

大きな重要度は無いものの、多少は影響があると思っていました。
たしかに「SEOツール」みたいのだと、H1が2つあったりするとエラー表示になったりすると思います。
今やそういう時代ではなく、とにかくコンテンツ重視の時代になったのですね。
ただ1つだけ、「ユーザビリティの観点」では、大きな見出しが1つあると見やすいですね。それだけです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述