【SEO】Googleが「サンドボックス」も「ハネムーン」も存在しないと発言

seo-robo

SEO】Googleが「サンドボックス」も「ハネムーン」も存在しないと発言

え!?無いの??

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグル サンドボックスとグーグル ハネムーン

グーグル音声検索SEOで知っておきたい11の事実【SEO記事12本まとめ】[Web担]

グーグル サンドボックスとは、新しく公開したサイトが一定期間はグーグル検索で上位表示できない状況(アルゴリズム)のこと。

グーグル ハネムーンとは、公開したばかりのコンテンツが、公開直後は上位に表示されやすいが、一定期間が経過すると順位が下がっていくという状況(アルゴリズム)のこと。

さて、グーグルのアルゴリズムに、上記のようなものは本当に存在するのだろうか?

グーグルのジョン・ミューラー氏によれば、サンドボックスもハネムーンも、アルゴリズムとしては存在しないということだ。しかし、複数のアルゴリズムの組み合わせによってそういった現象が実際に起こりうるらしい。

というのも、新しいコンテンツに対しては正当な評価をすぐに決定することが難しいことがあるからだ。ある程度の時間をかけて評価が定まっていく。

最初のうちはたいしたことがない(だろう)と判断したコンテンツが、実はすばらしい内容だったと後から判明することがあるかもしれない。反対に、すばらしい(ようだ)と判断したコンテンツが実のところそれほどでもなかったと結論付けることもあるかもしれない。

このようにコンテンツの品質を正当に評価しようというアルゴリズムの一連の処理によって、「サンドボックス」や「ハネムーン」のような現象が発生しているように見えてしまうということだ。

現実世界でも、初対面は嫌な感じだったけど今は親友なんていう経験があるだろう。あるいは、結婚して半年たったら……も珍しいことではないだろう。それと同じことだ。

SEOコンサルタントの感想

無いのか・・・ただ、そういう現象、はもちろんありますよね。

SEOまんが

SEOコンサルタント千葉勝子『プロローグ』
【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿


SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技
SEO対策〈検索上位にヒットする〉コレだけ!技: 知識0、資金0でも大丈夫!」
世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本 ~内部&外部対策からコンテンツSEOまで!
「世界一わかりやすいSEO対策最初に読む本」
スポンサーリンク
スポンサーリンク