PR




[PR]ランサーズ

白石竜次コラム

吉本興業の芸人に聞いた吉本芸人の現実…「舞台に出して貰えない」

投稿日:

吉本興業の芸人に聞いた吉本芸人の現実…「舞台に出して貰えない」

私が実際に吉本興業の芸人に聞いた話です。

インディーズのお笑いライブ

私は元お笑い芸人です。
正確には、お笑い芸人としては芸能事務所には入っていないのでずっと「インディーズ芸人」であり、
現在でも「芸人」とも言えます。
ただ、10年前くらいから舞台での活動をしなくなった為に「元芸人」と言っています。
現在では「SEOセミナー」や「講演会」での雑談として、現認時代に体験した話をお話させて頂いています。

最近、吉本興業の「闇営業」から発生した様々な騒動が話題になっていて、思い出したお話を書きたいと思います。

私は1997年にお笑いの舞台デビューをしましたが事務所には所属できず、各プロダクションの「ネタ見せ(オーディション)」を受ける日々でした。
それと並行して私はインディーズの団体を立ち上げ、自ら小屋(ライブハウス)を借り、主宰してライブ活動をしていました。私は「代表」として活動していました。
毎回10組程度、仲間の芸人たちとライブをするというもの。
お客さんはだいたい知人に声をかけても7人~30人くらいでしょうか。。。
あるライブの時、私は欠席してしまいましたが「ゲスト芸人」として「だいたひかる」さんに出演して頂いた事もあります。
その後R-1グランプリで優勝されました。お会いできず残念でした。
そして、のちに別団体に移籍しました。

吉本の若手芸人はなかなかライブに出られない

そんな中、とあるライブを主宰して時の事でした。
たしか千葉のあるホールだったと思います。
インディーズお笑い団体のサイトへの応募だったのか、仲間芸人を通じてなのかは忘れてしまいましたが、初対面の芸人さんがいました。
その時の会話で、コンビ名を聞いた後にこんな会話がありました。

「実は吉本なんですよ。」

私は、天下の吉本興業所属の芸人がインディーズのライブ、それもお客さんがわずかしか来ないようなライブにでるなんて、理由がわからなかったのでよく聞いてみると

「よしもとのライブになかなか出られないんですよ。人数が多いから。でも舞台に出て経験を積みたいんです。」

という事でした。とはいえ、吉本所属なのに勝手にインディーズライブに出るという事で『コンビ名を変えて』出ていました。

巷では「よしもとの若手のライブのギャラが少ない」という事が問題視されていますが、
芸人を目指していた私たちからしたら、「良いか悪いか」は別にして「当然の事」でした。
それどころか「チケットノルマ」があり、実質「自分でお金を出してライブに出る」なんて事もザラでした。
芸人に限らず、自分の夢の為にアルバイトをしながら、なんてのはよくある話ですよね。
話を戻しますが、吉本の若手芸人には「ギャラが無くてもいいから練習したい、場数を踏みたい」という芸人もいたんです。おそらく今もいるでしょう。
とはいえ、若手芸人のギャラが上がる事については賛成です。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-白石竜次コラム
-,

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.