PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

インフルエンサーSNS集客 白石竜次コラム

Facebookのアカウント乗っ取り被害の体験談…チャットでYouTubeを偽装した動画を送信

投稿日:

白石-フェイスブック乗っ取り

Facebookのアカウント乗っ取り被害に遭いました

この度、私のFacebookアカウントが乗っ取られてしまう、という事件が起きました。
まずは、
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
IT系の専門家を名乗っている私としては誠にお恥ずかしい限りです。
反省の為の皆様への注意喚起、情報提供という意味で記事にしたいと思います。

Facebookのアカウント乗っ取り内容

2020年8月20日、ツイッターのチャットとメールに、Facebookでフォロー頂いている方々から連絡がきました。
「Facebookのアカウント乗っ取られてますよ」

メールで頂いたキャプチャをとFacebookのチャット画面を見ると、
私が動画を送信したようになっています。
それがこの画像です。

このように、

「YouTube-非表示-Capturaビデオカメラ」

と書いてあります。
しかし、こちらの記事

を参考にすると、クリック先は詐欺ページとのことでした。

まずは「Facebookのアカウント乗っ取りの対処」を調べました。

▼まずは右上の「▽」→「設定とプライバシー」
⇒「設定」⇒「セキュリティとログイン」
で、『ログインの場所』を調べました。
すると、(キャプチャ忘れてしまいましたが)自分が持っていない「ギャラクシーのスマホ」からのログインが確認できました。
【対処】
これをただちに「ログアウト」しました。

セキュリティとログイン
▼次に「パスワード変更」です。
「セキュリティとログイン」の「ログイン」の「パスワード変更」で、
新しいパスワードに変更しました。
▼また、投稿された動画の左に縦の…があり「その他」というものがあります。
それをクリックすると「削除」があるのでクリックすると
すべての人のスレッドから削除

すべての人のスレッドから削除
このメッセージはチャットに参加中のすべてのメンバーに対して完全に削除されます。メッセージが削除されたことはメンバーに表示され、メンバーは削除されたメッセージを報告することもできます。

というものがありますので「削除」をクリックして削除しました。

▼そしてFacebookの投稿で、乗っ取り被害に遭ったこととお詫びを投稿しました。

Facebookのアカウント乗っ取り被害対策

色々なサイトに書いてありますが、乗っ取りに遭わない為の予防としては
●パスワードを複雑なものにする
●パスワードを定期的に変える
●アプリ連携に気を付ける

というものです。
私は危機感が足りなかったと思います。
皆様はどうかお気をつけください。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-インフルエンサーSNS集客, 白石竜次コラム

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述