PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

GoogleにはYMYL専用のアルゴリズムがある!?

投稿日:

JohnMueller

YMYL専用のアルゴリズムがグーグルにはある!?

「検索品質評価者向けのガイドラインにあるように、たとえばYMYLジャンルのサイトでは、より厳格なアルゴリズムを用いてクロール・インデックス・ランク付けしていることもある。」
グーグルのジョン・ミューラー氏が、オフィスアワーでこのようにコメントした。

YMYLとは、「Your Money, Your Life」つまり、「お金・資産や、人生・健康・生命」に関係するジャンルを示す言葉だ。検索ユーザーの人生に重大な影響を与えることがあるので、非YMYLジャンルと比べて、より慎重に検索結果を提供しているのだ。

グーグルは、YMYLジャンルの検索では、高いE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を備えているコンテンツを検索結果で返すように調整している。だが、その実態はあなたが想像するものとは少し異なるかもしれない。

グーグルには、E-A-Tのアルゴリズムやスコアは存在しない:

▼「E-A-Tアルゴリズム」は存在しない
▼「E-A-Tスコア」も存在しない
実際にグーグルが行っているのは、次のような処理:

▼「E-A-Tが高いと人間が感じる度合い」を複数のアルゴリズムを用いて評価
ということは、YMYL系のクエリでは、次のようなことが発生している可能性もある:

非YMYL系のクエリでは使われないアルゴリズムが使われる
非YMYL系のクエリよりも評価基準を厳しくしている
こうしたことをミューラー氏が詳細に解説したわけではないのだが、おおむねの理解としては間違っていないだろう。
■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
ちなみにミューラー氏のコメントは、もともとは、次のような質問に対する回答に含まれていたものだ:

「ジャンルごとに異なるアルゴリズムをグーグルは使っているのか?」

こちらに関しては、次のように回答している:

『そんなことはない。たとえば、自転車のネットショップと靴のネットショップに別々のアルゴリズムを使っていたりはしない。どちらもECサイトに分類される。』

SEOコンサルタントのまとめ

▼「E-A-Tアルゴリズム」は存在しない
▼「E-A-Tスコア」も存在しない
実際にグーグルが行っているのは、次のような処理。
▼「E-A-Tが高いと人間が感じる度合い」を複数のアルゴリズムを用いて評価
[Web担当者Forumより]

■Google ジョン・ミューラー氏(
質問:「ジャンルごとに異なるアルゴリズムをグーグルは使っているのか?」

回答:『そんなことはない。たとえば、自転車のネットショップと靴のネットショップに別々のアルゴリズムを使っていたりはしない。どちらもECサイトに分類される。』

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2023 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述