PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「ページの単語数はランキングではない」

投稿日:

JohnMueller

グーグルは単語数は品質要因ではないと言います

【Google翻訳】
John Muellerは、記事内の単語数はGoogleが考慮している品質要因ではないと断言しました。
GoogleのJohnMuellerは、ウェブページに単語を追加してランクを上げることが役立つかどうかを回答しました。ページがランク付けされていない場合は、関連性の高いコンテンツを追加すると役立つという考えでした。

関連するコンテンツを追加するとランキングに役立ちますか?

質問をした人は、関連性のあるコンテンツを追加することでWebページを改善することの有効性に関するミューラーの意見を求めていました。

質問をした人は、「関連コンテンツ」の意味がはっきりしていませんでした。つまり、コンテンツがキーワードに関連しているかどうか、ユーザーの意図に関連しているかどうか、またはコンテンツがに関連しているかどうかになります。人。

コンテンツが関連する方法は多数ありますが、私の意見では、「関連性」の一部のバージョンは、他のバージョンよりもランク付けの目的に役立ちます。
質問は次のとおりです。

「ページのコンテンツを改善したいとしましょう。ユーザーにとって可能な限り関連性の高いコンテンツを追加します。

これは、関連するテキストをページに追加すると、Googleは自動的にページの方が優れていると見なすことを意味しますか?

それはそのようにうまくいきますか?グーグルの目にはより多くのテキストがより良いですか?」

担当者は、テキストを追加するのと同じくらい簡単にランキングを上げることができると主張しているという質問をしている人。

コンテンツの更新は簡単なプロセスではありません

John Muellerは、コンテンツの更新はコンテンツの追加よりも微妙な違いがあると述べたことから始めました。

「それは確かにそれほど単純ではありません。」

コンテンツの品質は単語数に関連していますか?

質の高い記事は包括的であるという一般的な認識があります。質の高い記事は包括的であるため、それらの記事は本質的に長いことになります。

記事が包括的であり、長い側面ではないのはどうしてですか?

私はこれをかなり頻繁に見ます。品質はしばしば包括性と同等であり、それはより多くの単語数を意味します。
Googleのミューラーは、品質とランキング要素のコンテキストでの単語数のアイデアについて言及することで、彼の答えを続けました。

ミューラーは説明しました:

「私たちの観点からすると、ページ上の単語数は品質要因ではなく、ランキング要因でもありません。

ですから、やみくもにページにテキストを追加しても、それが改善されるわけではありません。」

ミューラーは次に、本とパンフレットの例の中にコンテンツのアイデアを入れ、ユーザーが彼らにとって有用だと感じるものを入れました。
彼は言った:

「入って来たクライアントに何かを提示したい場合は、1ページまたは2ページのパンフレットを渡すか、巨大な情報の本を渡すことができます。

また、多くの情報が記載された本が必要な場合もあれば、短くて甘いものが必要な場合もあります。

そして、それは検索に似ています。

インデックス作成に必要な情報がある場合は、ユーザーとGooglebotがこのページの内容、それを使用して達成しようとしていることを理解できるようにするための情報を作成します。短いバージョンで、短いバージョンを維持します。 、長くする必要はありません。

やみくもにページにテキストを追加するだけでは、ページは改善されません。」

シンコンテンツはどうですか?

薄いコンテンツは、短すぎるためにGoogleがランク付けしないコンテンツの例であると言う人もいるかもしれません。

しかし、そうではありません。

シンコンテンツは、一般的に短いコンテンツと考えられています。より正確な定義は、有用性に欠けるコンテンツです。シンコンテンツを定義する要素には、ページに含まれる単語の数よりも多く含まれます。

より良いランキングのための記事の改善

記事を改善してランキングを改善することは、多少複雑になる可能性があります。単語数とは関係ありません。以下に説明を示します。

まず、Webページが何であるかを評価し、そのWebページがサイト訪問者が必要とする情報を伝達するという使命を果たしているかどうかを評価する必要があります。

関連性を失ったコンテンツの改善

ユーザーが特定のクエリで検索したときの意味ではないために記事が失敗することもあります。また、ユーザーが何かを検索したときの意味は時間とともに変化する可能性があります。そのシナリオでは、トピックのWebページはもはや関連性がないことを意味します。意味が変わったので、検索者が探しているものに。
良い例は、「見る映画」を検索している人です。過去には、劇場で見る映画を意味する可能性がありました。

今日、パンデミックの間、Googleは自宅でストリーミングする映画に関する検索結果を返します。

ランキングがユーザーの意図とどのように一致するかを示す検索結果のスクリーンショット

上記の例では、劇場で視聴する映画に関する誰かのWebページでトラフィックが失われています。このクエリを使用した場合のユーザーの意味が変わりました。コンテンツ作成者は、トラフィックを引き付け続けるためにユーザーと一緒にピボットする必要もあります。
この例は、コンテンツの更新が単語数とは何の関係もないことを示しています。これは、コンテンツが現在ユーザーにとってどのように役立つかと関係があります。

コンテンツがランキングを停止する理由は、トラフィックが徐々に遅くなったのか、トラフィックが枯渇した明確な日付があったのかを特定することで、ときどきからかわれることがあります。これらは、何をすべきかについての戦略を立てる前に考慮しなければならないデータポイントです。記事のランクを上げるのに役立ちます。

John Muellerが言ったように、「…ページにテキストを盲目的に追加しても、ページは改善されません。」

コンテンツの書き換えには説明可能な目的が必要です。

English Google SEO office-hours from February 26, 2021

ナイルのコメント

ナイルのひとこと
「文字数が重要なのではなく、検索意図に対しどのようなコンテンツを提示するのかがポイント」という話をよく聞きますが、それは「検索意図を満たすコンテンツ=検索意図を満たす文字数」とも考えられるのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。
しかし、もはやコンテンツは文字だけのテキストコンテンツではないのが自明であり、画像や動画などを活用することが前提であることを考えると、やはり文字数ベースで考えることが避けるべきだと私は思います。ありとあらゆる方法で、ユーザーのニーズを満たしにかかりましょう。

SEOコンサルタントのまとめ

Google ジョン・ミューラー氏は「ページの文字数」について「ページ上の単語数は品質要因ではなく、ランキング要因でもありませんですから、やみくもにページにテキストを追加しても、それが改善されるわけではありません。」とコメント。
さらに「多くの情報が記載された本が必要な場合もあれば、短くて甘いものが必要な場合もあります」とコメントしました。

【白石】
「コンテンツの文字数」はランキング要因ではありません。ですから、文字数を増やしたからと言って、順位は上がりません。
また、少ない文字数でも、ユーザーのクエリに対しての的確な回答であれば、上位表示は可能です。
ですが、それって正解が何かわからないじゃないですか。
ですから「作業」として、「記事にテキストを追加する」という行為はSEOとして良い事だと思います。
さらに私の個人的な意見ですが、「コンテンツ」は文章だけではありません。むしろ「画像」「動画」「表」をユーザーが求めていたり、わかりやすかったりする場合、これらのコンテンツが入っていたほうが評価が上がると考えています。
ですから「記事にコンテンツを追加する」→「記事にテキストや画像や動画や表などを追加する」というのが良いSEO作業だと考えております。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述