PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

サイトマップに関するよくある質問

投稿日:

サイトマップに関するよくある質問

Q: 1 ページのみのサイトでもサイトマップが必要ですか?
A: 小規模なウェブサイト(明確な基準はありません)の場合、Google は容易にすべてのページを見つけることができるため、通常はサイトマップ ファイルは必要ありません。ただし、サイトマップを作成することで、サイトの変更が認識されやすくなるというメリットがあります。

Q: Search Console でサイトマップを追加(送信)するにはどうすればよいですか?
A: Google へのサイトマップの「追加 / 送信」とは、Google にサイトマップの場所を伝えることを意味します。サイトマップ ファイル自体は Google にアップロードされません。サイトマップ レポートを使用すると、新しいサイトマップの Google への通知、サイトマップの送信履歴の確認、サイトマップ ファイルの解析時に検出されたエラーの確認ができます。詳しくはこちらをご覧ください。

Q: WordPress や Wix などのプラットフォームを使用してサイトを構築しています。この場合、サイトマップを作成するにはどうすればよいでしょうか?
A: ページ テンプレートやナビゲーション要素に基づいて簡単にウェブサイトを作成できるサービスを使用している場合、通常はサイトマップが自動的に生成されます。ご利用のサービスのドキュメントで「サイトマップ」という語句を検索すると、サイトマップが自動的に生成されるのか、ご自身で用意する必要があるのかを確認できます。後者の場合は、サイトマップの作成手順も記載されているはずです。

Q: サイトマップを送信したのですが、サイトの URL がまだ「クロール / インデックス登録」されていません。サイトマップはそのために使用するのではないでしょうか?
A: サイトマップを送信いただくことで、Google はサイトの URL を認識しやすくなります。これは Google のクローラがコンテンツを見つけにくい場合(ページがフォームからしかアクセスできない場合など)に特に役立ちます。ただし、サイトマップを送信いただいても、必ず URL がクロールまたはインデックス登録されるとは限りません。Google は、通常のクロールおよび検出プロセスを改善する目的でサイトマップの情報を使用します。

Q: サイトマップが Google に適切に理解されるようにするにはどうすればよいですか?
A: 一般的なサービスを使用してサイトマップ ファイルを作成する場合は、問題が発生することはほとんどありません。問題が検出された場合は Search Console で通知されます。ご自身でサイトマップ ファイルを作成する場合は、サイトマップが Google に適切に理解されるようにするための ガイドラインを遵守してください。

Q: すべてのページの優先度を 1.0 に設定した場合、優先度を 0.8 に設定している他のサイトのページより上位に掲載されますか(または、先に Google にクロールされますか)?
A: いいえ。現在、Google では 属性をサイトマップで使用していません。

Q: 各 URL ですべてのメタデータ( など)が同じである場合、またはメタデータが正確であるか不明な場合、サイトマップを送信する意味はありますか?
A: Google では 値と 値は無視されるため、これらの値を追加しないでください。なお、Google では 値を読み取りますが、この値が不正確だった場合、読み取りを停止します。

Q: 推奨されるサイトマップ ファイルの形式はどれですか?
A: Google では、sitemaps.orgで定義されている XML サイトマップ プロトコルを推奨しています。XML サイトマップには、更新しやすいというメリットがあります。最初は URL だけをリストしたシンプルなサイトマップを作成しておき、後から簡単に XML サイトマップを更新してより多くのメタデータを追加できます(この点がテキスト形式のサイトマップと異なります)。また、XML サイトマップでは、Atom または RSS フィードを使用したサイトマップ(通常は、検索エンジンが認識する必要があるすべての URL ではなく、最新の URL のみがフィードされます)よりも詳細な情報を提供できます。

Q: サイトマップを追加しようとすると、サイトマップ レポートにエラーが表示されます。どうすればよいですか?
A: エラーに関する情報がサイトマップのレポートに表示される場合があります。こうした問題の解決に役立つアクションについては、こちらをご覧ください。

Q(PE からの質問): 現在アクセスできず、検索結果から削除する必要のあるページがある場合、そうしたページ用に別個のサイトマップを作成する必要はありますか?また、この方法でサイトの削除を早めることができますか?
A: URL が変更または削除された場合は、一時的にサイトマップ ファイルに URL を記載して送信することで、再クロールされるようにすることができます。ただし、今後お客様のサイトや Google 側で混乱が生じないように、必ず 1 か月後をめどにそのサイトマップ ファイルを削除してください。

Q(PE からの質問): 「sitemap_1.xml」のように、サイトマップ名に「_」の記号が含まれると、Search Console でエラーになる可能性が高くなるというのは本当ですか?その場合、他にもサイトマップ名に使用しないほうがよい記号はありますか?
A: いいえ。お好みのサイトマップ ファイル名を付けていただいてかまいません。

Q(PE からの質問): 1 つのサイトマップに記載する最適な URL 数はありますか?たとえば、40,000 件の URL が記載された 4 つのサイトマップ、10,000 件の URL が記載された 16 のサイトマップ、5,000 件の URL が記載された 32 のサイトマップのうち、より適切なのはどれですか?
A: 1 つのサイトマップ ファイルに記載する最適な URL 数はありません。ただし、サイトマップ ファイルのサイズを小さくすることで、ファイル内の問題を認識しやすくなる場合があります。Google 側では、サイトマップ ファイルの数が 1 つであれ 1,000 であれ、サイトマップに記載されたすべての URL をまとめて共通の「バケット」で処理します。

Q(PE からの質問): サイトマップはウェブサイトのルート ディレクトリに置く必要がありますか?
A: サイトマップ ファイルは、ウェブサイト内のどこに置いてもかまいません。検証済みのサイトが複数ある場合や、robots.txt を使用してサイトマップ ファイルを送信する場合は、別のサイトでサイトマップ ファイルをホストすることも可能です。

SEOコンサルタントのまとめ

Q:1ページのみのサイトでもサイトマップが必要?
A:必要無いけどサイトの変更が認識されやすくなる。
Q:サイトマップを送信したけど「クロール/インデックス登録」されない
A: サイトマップ送信でURLを認識しやすくなるけど必ずURLがクロールまたはインデックス登録されるとは限らない。
Q: 推奨されるサイトマップファイルの形式は?
A: GoogleではXMLサイトマッププロトコルを推奨しています。更新しやすいというメリットがある。
Q: 1 つのサイトマップに記載する最適なURL数?
A: 1 つのサイトマップ ファイルに記載する最適なURL数は無いけどサイトマップ ファイルのサイズを小さくすることでファイル内の問題を認識しやすくなる場合がある。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述