PR




[PR]ランサーズ

SEO

SEOを100%社内で行うべきですか?

投稿日:

2-2

SEOを100%社内で行うべきですか?

SEOを100%社内で行うべきですか?

【Google翻訳】
SEOを100%社内で行うべきですか?

社内チームを外部パートナーで強化することが理にかなっているいくつかの実際のシナリオを以下に示します。

これは、社内SEOに関する新シリーズの最初の記事であり、社内で検索エンジン最適化を管理する運用上の課題と機会を掘り下げます。

私はSEOを社内で管理するのが大好きですが、たいていの場合、社内で作業を100%行うのはほとんどの企業にとって最善のアプローチではないことがわかります。 世界中の最高の企業やトップSEOチームでさえ、まだいくつかのことを外部委託しています。

来年の予算を展開する際に、SEOinhouse.comの実行中によく出くわすいくつかのシナリオを見てみましょう。このシナリオでは、社内のチームを外部パートナーで補強するのが理にかなっています。

シナリオ1:まだSEOを行っていない(またはしばらくして)始めたばかり

大企業や複雑なサイトの場合、対処している問題を知るためにSEO監査(技術監査と非技術監査)をお勧めします。 社内のSEOマネージャーにスキルと時間がある場合は、社内でそれを行います。 そうでない場合は、外部委託します。 これにより、修正する問題の全体像を把握できます。 そこから、社内でできる限り取り組みます。 同時に、会社全体で全員をトレーニングする必要があります。 これは一度にすべてを実行するのが多いため、経験豊富なマネージャーが監査、サイトでの実装、および/またはトレーニングのいずれかを処理するために誰かを連れて来るように速く物事を成し遂げます。 また、社内または外部パートナーとして必要なスキルを教えてくれるので、監査から始めることも素晴らしいことです。

Webサイトがそれほど複雑でない小規模な組織の場合は、SEOを読み始め、トレーニングに参加し、可能な限りすべての基本事項に対処してください。 予算が少なくて時間を稼げる場合は、先に進み、学習したすべての問題を修正してください。 次に、より複雑な問題に対処する監査のために誰かを招きます。 問題が何であるかを知るまで、年間契約を結ぶことはお勧めしません。 監査を取得したら、残りの年の推奨事項に取り組む方法と、解決する必要のある問題の最適なパートナーを決定できます。 社内でできる限りのことを行うことをお勧めする理由は、多くの場合、限られた予算をより有効に活用できるからです。 コンサルタントや代理店は、基本的なことではなく、中程度の問題や高度な問題に時間を費やしたいと考えています。

シナリオ2:しばらくSEOを行っていて、これから何ができるのか

これは、新鮮な視点をもたらすための簡単な時間です。 ほとんどの上級管理職でさえ、定期的にこれを行います。時には年に1回または1年に1回です。

シナリオ3:非SEOチームにSEOの分担をさせ、SEOチームをプロジェクトに参加させるのに苦労している

これは、組織外から誰かを連れて山を動かすことができるときです。 サードパーティを導入すると、どういうわけか誰もが耳を傾けることになることは誰もが知っています。 私が社内SEOマネージャーであったとき、私はこれに直面しました。 会社を始めたばかりの場合、約3〜6か月間は「外部の声」になります。その後、SEOマネージャーは変化に影響を与えるほどの影響力を持たないようです。

特に大規模な組織の場合は、SEOについて話すことができる人だけでなく、SEO以外のチームでの行動の変化を促進する方法を理解している人を連れてきてください。

シナリオ4:既存のメンテナンスの上に大きなプロジェクトがある

この場合、3〜12か月のプロジェクトの場合、ほとんどの企業は外部からの支援を取り入れます。 コンサルタントまたは代理店のいずれかが、主要なプロジェクトまたは継続的なメンテナンスを担当します。 逸話的に、私はコンサルタントまたは代理店が通常、継続的なメンテナンスではなく、大きなプロジェクトを処理するのを見てきました。 私にとって、大きなプロジェクトは外部委託する方が簡単です。 継続的なメンテナンスは多くの小さな要素であり、小さな変更であり、多くの場合、組織内のさまざまな人々と協力してチケットの変更を要求し、SEO要件を確定する必要があります。 あなたが外部にいるとき、それは大騒ぎすることができます。

シナリオ5:トラフィックが落ちたため、理由がわからない

これは、SEOプログラムを妨げている可能性があるものを特定するために新たな目を持ち込むもう1つの明らかな時間です。

シナリオ6:リソースを構築する必要がある

SCompaniesには、視点の文書、チェックリスト、チートシートなどが必要です。私は、これを自分で行うことができますが、次の2つのことを認識できる上級SEOマネージャーに頻繁に関与しています。

優先度の高いプロジェクトとタスクのため、他のチームのリソースを作成することは常に後回しにされます。
それは彼らのエネルギーの最高のリターンではありません。 ROIはありますが、大規模なサイトの移行に焦点を合わせたり、技術的なミスを防ぐために開発と協力したりするのと同じ規模ではありません。

シナリオ7:SEOレポートのセットアップが必要です

プログラムを始めたばかりの大手ブランドのクライアントがいます。 SEOレポートは用意されていません。そのため、Google Search Consoleとその分析システムからデータマートにデータを取り込むレポートを設定する分析コンサルタントを推奨しました。

堅牢なエンタープライズレベルのレポートは複雑です。 会社にフィードを取り込むレポートを設定するためのリソースがない場合は、予算に広告申込情報として追加するのが理にかなっています。

シナリオ8:QAサポートが必要

時には、忍び寄る複雑な状況があり、それを確実に正しくしたい場合があります。 手を差し伸べる誰かがいることで、あなたは多くのSEO問題と収入損失の可能性を節約できます。

最近、私はいくつかのコード変更が公開される前に外部レビューをしたいと考えている会社と仕事をしました。 クライアントは、JavaScriptが正しく実行されたかどうかを尋ねる運用前ページのリンクを送信しました。 コードが正しくなかったので、彼らがしたことは良いことです。 彼らは、変化による交通量の増加を期待していましたが、交通量の減少を見たでしょう。

シナリオ9:セカンドオピニオンが必要

リスクと要件を特定するために、他の誰かと困難な状況を話し合うことほど良いものはありません。 1年前、誰かが複雑な状況で「SEOオフィスアワー」に電話をかけました。 私たちは、ビジネスが何をしたいのかを話し合い、サイトを見て、リスクを特定し、潜在的なトラフィック損失を推測し、SEO要件を定義しました。 彼は数週間それを熟考していましたが、私たちは1時間以内にそれをノックアウトしました。 誰かに行くだけで、より多くの仕事をより短い時間で済ませることができます。

シナリオ10:XMLサイトマップの作成

XMLサイトマップにはいくつかの厳しい要件があり、多くのSEOチームが最終的に(開発以外で)これを行うことになります。 これらの企業では、多くの場合、アウトソーシングする方が合理的です。 おそらく、開発からのXMLサイトマップは優れていないので、開発リソースの制限を超えて変更を行う柔軟性を持たせるために、ルールを使用して独自のサイトマップを作成する必要があります。 アウトソーシングには前払いの費用がかかる場合がありますが、社内の開発チームには、効果的なXMLサイトマップを生成するスキルセットや時間がない場合があります。

シナリオ11:大量のコンテンツ作成

大量のコンテンツを作成する必要がある場合、多くの場合、これが最適です。 コンテンツ代理店を選択するのではなく、ブランドチームの好みのライター(より高価になる傾向がある)と連携する場合があります。 たとえば、非常に厳格なブランド音声を使用する電子商取引クライアントは、より安価な「コンテンツ」エージェンシーをテストし、コンテンツを編集するには手間がかかりすぎると判断しました。 彼らは、ブランドの声の所有者が承認する何かを生み出すことができる作家にもっとお金を払う方が良いと思いました。

シナリオ12:SEOスループットを加速する

私は最近、ロードマップを高速化するために必要な費用を見積もる予算編成プロセスを持つ会社から聞いた。 彼らは来年の予算で$ Xミリオンを生み出していると推定しています。 そして、スループットを加速するために$ Yを費やした場合のリターンを評価しました。

才能を引き出して収益を早めることが理にかなっている場合が非常に多くあります。 私は社内のSEOが大好きで、それを支持していますが、いくつかの活動であなたがより効果的でより速くなるのを助けるために専門家を引き込むことはしばしば理にかなっています。

また、これらのシナリオは、世界トップクラスのチームを含め、シニアレベルのSEOチームがアウトソーシングしているものだと指摘したいです。 アウトソーシングは、経験の少ない社内チームだけのものではありません。 これらは、おそらく社内ですべてを行うためのチョップを持っているチームです。 それでも、彼らは外部パートナーを追加することで、彼らの努力をさらに加速できることを認識しています。

次のステップ

次の四半期または来年の予算の計画を開始したら、SEOの頭痛と時間の浪費を評価し、上記のプロジェクトがどのようにプレートをクリアするか、またはスタートラインから降りることができなかったいくつかのことを開始するのに役立つかを検討してください 。

SEOコンサルタントのまとめ


インハウスSEOにすべきか?外部の人間、会社に依頼するか?
企業としては悩むところなのではないでしょうか。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述