PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

GoogleSearch ConsoleAPIがサイトマップのインデックス付きカウントを返さない…GoogleSearch Console APIとは?

投稿日:2019年6月24日 更新日:

SEO漫画3話-022

【SEO】GoogleSearch ConsoleAPIがサイトマップのインデックス付きカウントを返さない

サーチコンソールについて。

Google検索コンソールAPIがサイトマップのインデックス付きカウントを返さない

Google Search Console API Doesn't Return Sitemaps Indexed Counts[Search Engine Roundtable]

【Google翻訳】

Google検索コンソールAPIがサイトマップのインデックス付きカウントを返さない

Googleが古いGoogle検索コンソールAPIを廃止することの一環として、Googleはsitemapsコマンド内でインデックス付きの数を表示することをサポートしません。 GoogleのJohn MuellerがこれをTwitterで確認しました。

GoogleのJohn Mueller氏は、「しばらく前にUIからその機能を削除したため、APIのインデックス付きのサイトマップも返されなくなった」と述べた。 「われわれはこのことをもっとよく伝えるべきだった - 面倒なことですみません」と彼は付け加えた。

これは、インデックス付きカウントに対して0を返すAPIのスクリーンショットですが、送信された120の有効なURLを示すインターフェイスです。 APIは送信された129個のみを表示しますが、インターフェースによると120個が有効で9個にエラーがあります。

検索コンソールのサイトマップapi v3は廃止予定ですか? 新しくサブミットされたサイトマップは何週間もの間データ更新を得ません。 スクリーンショットを見るAPI対新しいgoogel検索コンソール - それは関連する問題ではありませんが、多くのサイトで発生しますcc

GoogleSearch Console APIとは

▼GoogleSearch Console APIとは?

【Google翻訳】

検索コンソールAPIとは何ですか
Search Consoleは、Google Searchでサイトの掲載結果を監視したり、Googleがサイトやアプリを正しくクロールできるようにしたり、特定のページの有効性と掲載結果をテストしたりできる無料サービスです。 Search Consoleは、ここに記載されているAPIを介してサービスへのプログラムによるアクセスを提供します。

(Google Developers より)

検索コンソールのSearch Analytics #APIを使用している場合は、UIで提供される16か月分のデータすべてにアクセスできます。 データをあなたのCMSと統合したり、あなた自身のツールを作りたいのであれば、私たちのdocs athttpsをチェックしてください。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述