【SEO】検索上位表示されているスパムサイトについてGoogleが回答!

PR



被リンク外部対策

SEO】検索上位表示されているスパムサイトについてGoogleが回答!

PR




検索上位表示されているスパムサイトについてGoogleが回答

■Googleのジョン・ミューラー氏のコメント

『本当にそうしたリンクが理由で上位表示しているかどうかは、外からはわからない。
不自然なリンクであることを私たちが認識して無効化しているかもしれない。もちろんうまくごまかされてしまっている可能性もある。
いずれにしても、上位表示しているページに不自然なリンクが張られていたとしても、上位表示している理由が不自然リンクだとは限らない。
作為的なリンクを構築しても最終的には役に立たなくなるだろう。だからそのサイトは、多大な時間をムダなことに費やしていることになる。長期的な視野に立ち、もっと有意義なことに時間を使うべきだろう。』

隠しテキストをやっている上位表示サイトについて

■Googleのジョン・ミューラー氏のコメント

『グーグルでは、非表示状態のテキストが検索順位に与える評価を(表示されているテキストよりも)下げている。だから、そのサイトの上位表示が隠しテキストによるものかは疑わしい(上位表示の要因は別にある可能性がある)。不要な小細工と言えるだろう。』

SEOコンサルタントの感想

ポイントは

・質の低いリンクは無効化される
・隠しテキストをやっている上位表示サイトは、隠しテキストではなく他の要因で上位表示されている

そして
「スパム行為を行っていても上位表示されるサイトは存在する」
という事実です。
特にアダルトサイトなんかは10年以上の、今ではスパムと言われるようなSEOを行っており、いまだに上位表示されています。
だからといってスパム行為はするべきではありません。

SEO被リンクサービスについて

Googleアルゴリズム関連記事







SEO注目記事

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

SEO情報アンテナ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク