PR




[PR]ランサーズ

SEO

他の場所でコンテンツを再公開しますか? Googleはそのコンテンツをあなたのコンテンツよりもランク付けする場合があります。

投稿日:

SEO漫画3話-019

他の場所でコンテンツを再公開しますか? Googleはそのコンテンツをあなたのコンテンツよりもランク付けする場合があります。

他の場所でコンテンツを再公開しますか? Googleはそのコンテンツをあなたのコンテンツよりもランク付けする場合があります。

【Google翻訳】
他の場所でコンテンツを再公開しますか? Googleはそのコンテンツをあなたのコンテンツよりもランク付けする場合があります。

これはおそらく常識であり、以前に何度も取り上げたトピックです。 ただし、自分が公開したものを取得して、そのコンテンツを他のサイトまたは別のサイトに再公開するように配布すると、それらの他のサイトがGoogleのそのコンテンツに関してあなたより上位にランクされる可能性があります。

GoogleのDanny Sullivanがこのトピックについて少し前に言ったように、あなたの最善の策は、シンジケーションパートナーを元のストーリーに規範的に戻すことです。 そうしないと、そのストーリーがどうなるか、Googleがそのストーリーの検索結果にリストするサイトを誰が知っているのか。

ジョン・ミューラーも同様にこのトピックに触れましたが、もう少し曖昧でした。特定のケースごとに結果を一般的に知ることが難しいからです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)

@JohnMuやあ、ブログで記事を公開し、Googleでインデックスに登録したら、誰かが抜粋をコピーするか、記事を完成させて、Quora、LinkedIn、Mediumなどの権威サイトに投稿すると。
ブログのランキングにどのような影響がありますか?

『コンテンツを配布して他の場所で再公開すると、それらの他のバージョンも検索に表示されます。』

そして、これが起こると、High AuthorityサイトがSERPを支配する場合があります。 右?
説明をありがとう。 🙂

『必ずしも。』

サイトが特定のクエリのコンテンツの一部としてランク付けされている場合や、シンジケーションパートナーがランク付けしている場合があります。 クエリに依存したり、コンテンツに依存したり、多数の要因に基づいたりする可能性があります。 だから言うのは難しいです。

したがって、他の人が再公開できるようにコンテンツを配布する際には注意してください。 特に、あなたがそれをコントロールするとき-つまり、誰かがあなたのコンテンツを盗むだけなら、私は推測するDMCAルートを取ることができるということです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述