PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

多くのSEO担当者はコアWebバイタルGoogleページエクスペリエンスの取り組みを優先します

投稿日:

多くのSEOはコアWebバイタルGoogleページエクスペリエンスの取り組みを優先します

Many SEOs Will Prioritize Core Web Vitals Google Page Experience Efforts[Search Engine Roundtable]

【Google翻訳】
2021年5月にリリースされるGooglePage Experienceの更新によるすべての新しいメッセージにもかかわらず、大規模な変更は発生せず、展開後の影響は大きくありませんが、多くのSEOは引き続きコアWeb Vitals / Google PageExperienceを優先します。 最適化の取り組み。

Aleyda SolisはTwitterに投票を投稿し、「これは[大きな変更ではないというニュース]現在のWeb Vitals / Page Experienceの最適化の取り組み/優先順位を変更しますか?」

回答によると、世論調査を完了したSEOのほぼ70%が、引き続きこれらの取り組みを優先すると述べています。 22%が優先順位を付けなかったと述べ、現在9%が優先順位を付けないと述べています。

数日前、@ dannysullivanは、「ページエクスペリエンス」が大規模な変更/ランキング要因として始まることを期待すべきではないことを述べました(時間の経過とともに大きくなります)。 参照:https://seroundtable.com/google-page-experience-update-massive-change-30992.html

これにより、現在のWeb Vitals / Page Experienceの最適化の取り組み/優先順位が変わりますか?

「結果を見たいだけ」をドロップアウトした場合、データは次のようにレイアウトされます。

先月、私たちはLily Rayとは別の世論調査を公開し、SEOがこのアップデートから与える影響を示しました。これらの結果は、Googleの新しいメッセージを読んだ後に変わると思います。

真実は、SEOの取り組みの優先順位は、サイトが現在どこにあるかによって異なります。 サイトが基本的なタイトルタグ、インデックス作成の問題などの主要な基本的なSEO作業を必要とする場合、それはコアWebバイタルよりも優先されるべきです。 しかし、サイトがすべてのSEOチェックリスト項目でうまく機能している場合は、ランキングの目的でなくても、多くのコアWebバイタルに焦点を当てることは非常に理にかなっています。

SEOコンサルタントのまとめ

【アンケート】
Q:エクスペリエンスの取り組みは変わりますか?
A:約70%⇒引き続きこれらの取り組みを優先する

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述