【SEO】Google「ページ数サイト規模更新頻度はランキングファクターにはならない」

SEO】Google「ページ数サイト規模更新頻度はランキングファクターにはならない」

Google・ジョンミューラ氏のコメントです。

ページ数サイト規模更新頻度はランキングファクターにはならない

Googleジョンミューラ氏「サイトのページ数、サイト規模、更新頻度はランキングファクターにはならない」とのこと。

■Google翻訳
GoogleのJohn Muellerは、Redditによると、Googleで上位にランクインするためには、より高いページ数が「何も意味しない」と述べています。彼は、実際には、SEOコミュニティからのケーススタディを見て、ページ数を減らすことで全体的にGoogle検索のランキングが向上すると述べています。しかし、あなたのサイトのページ数は、Googleの特定のランキング要素ではありません。

ジョンは書いた:

ページ数が多いほど何も意味しません(そうでなければ、誰もが自分のサイトに無限のカレンダーを持っています)。何か、会議のプレゼンテーションや人々との話し合いから偶然、索引付けされたページの数を減らす大規模なサイトは、より良いランク付けに終わります(通常、クラフトを切り捨てたり、類似のコンテンツをマージするなど)。もちろん、あなたが活躍しているニッチなことについてもっと多くのことを言えば、偉大なコンテンツを作成することは可能ですが、既存のコンテンツを複数のURLに分割することを考えているのであれば、検索のための良い戦略になります。
2013年からの古いアンケートでは、ほとんどのSEOが、Googleが小規模サイトよりも大きなサイトをランク付けすると信じています。大規模なサイトと小規模なサイトを定義する方法は、空中でちょっとしたものです。最近、John Muellerによると、コンテンツの公開頻度もランキングに影響しないと言われています。

よりユニークで質の高いコンテンツを持つことで、検索でのランク付けの機会が増えます。しかし、時にはあなたは長い尾のターゲットでそれをやり過ごすことができます – 私はパンダが来て、立ち往生していることを意味します。

SEOコンサルタントの感想

Google・ジョンミューラ氏のコメントを解釈すると

▼ページ数が多くても何も意味は無い
▼むしろページ数を減らす事が検索のランキング向上になる
▼大きなサイトのコンテンツを分けて別サイトにする、など。
▼コンテンツの更新・公開頻度もランキングに影響しない
▼よりユニークで質の高いコンテンツが重要

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク