PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「ページを分けるよりも1つのページを強くしていくことを勧める」

投稿日:

Google「ページを分けるよりも1つのページを強くしていくことを勧める」

SEOに強いのは、詳細ページを大量に? 少数ページを強化? グーグル中の人のおススメは……

英語版のオフィスアワーで次のような質問が出た。

あるテーマについて記事を書くとき、次のどちらがいいのか?

トピックを細かく分けてたくさんのページを作ったほうがいいのか?
限られた数のページにまとめて公開したほうがいいのか?
この質問に対して、グーグルのジョン・ミューラー氏は、次のように回答した。

『ページを分ければ、個々の詳細により焦点を当てたページにできるだろうが、その分テーマ全体に対する価値が薄れるかもしれない。
ページを細分化したことでニッチなキーワードでのトラフィックが増えた例もある。
1つのページにまとめたことで一般的に多く検索されるキーワードでのトラフィックが増えた例もある。
どういう戦略で攻めるかの判断になるだろう。』

至極まっとうな、「そもそも違う」という回答だ。しかしミューラー氏はさらに続ける。

『私からのアドバイスとしては、ページを分けるよりも1つのページを強くしていくことを勧める。』

ゆくゆくは細分化してもいいが、一般的なサイトであれば初めのうちは大量にページを作成するよりも少数のページに集中したほうがいいだろう。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏
English Google Webmaster Central office-hours hangout

SEOコンサルタントのまとめ

現実に、上位に表示されているのは「充実したページ」ですからね。
そして誤解されやすいのは「1ページの強化」であって、「1ページの文字数を増やすことではない。」ということです。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.