PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

2つのサイトマップに同じURLを記載するとまずい?

投稿日:

2つのサイトマップに同じURLを記載するとまずい?

うちのサイトは大丈夫? Googlebotは15MBまでしかインデックスしないって!【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

『同じURLを2つのサイトマップに記載して、片方のサイトマップではhreflangのアノテーションを登録し、もう片方のサイトマップでは普通にURLを登録するとしたら、検索に悪い影響が出ますか?』

英語版のオフィスアワーに投稿された質問だ。グーグルのジョン・ミューラー氏によればまったく問題ないとのことである。hreflang用のサイトマップと通常のサイトマップを別々に送信し、同一のURLを両方のサイトマップに記載するのはよくある構成だそうだ。

これはhreflangに限らない。どんなURLであっても、同じURLを複数のサイトマップに記載していいし、それがクロールやインデックス、ランキングにマイナスに影響することはない(もっともプラスに働くこともない)。

ただし一貫性を保たなければならないとミューラー氏は注意を促している。たとえば、次のような状況をイメージしてほしい:

同じURLなのに、片方のサイトマップではドイツ語のページだとhreflangで指定していて、別のサイトマップではフランス語のページだとhreflangで指定している

同じURLなのに、片方のサイトマップでは20年前に更新したとlastmodで指定しているのに、別のサイトマップでは5分前に更新したとlastmodで指定している

こんなサイトマップが送信されると、グーグルはどちらのサイトマップの情報を利用すべきか混乱してしまう。しまいには、hreflangやlastmodを完全に無視してしまうかもしれない。

SEOコンサルタントのまとめ

質問:同じURLを2つのサイトマップに記載して、片方のサイトマップではhreflangのアノテーションを登録し、もう片方のサイトマップでは普通にURLを登録するとしたら、検索に悪い影響が出ますか?

■Google ジョン・ミューラー氏
回答:まったく問題ない。ただし一貫性を保たなければならない。[Web担当者Forum]

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述