PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

「モバイルインタースティシャルペナルティ」についてGoogleが回答

投稿日:2021年1月26日 更新日:

迷惑な行動を促すフレーズのオーバーレイは、Googleのランキングに悪影響を与える可能性があります

【Google翻訳】
GoogleのJohnMuellerは、Michael Lewittesから、コンテンツがGoogleランキングに害を及ぼすのを見る前に、ニュースレターに登録するよう求める行動を促すフレーズを重ねて表示するかどうかを尋ねられました。 そして、はい、ジョン・ミューラーは、彼らがモバイル侵入型ペナルティの怒りを見るだろうと言いました。

ご存知のように、2017年1月20日(少し前)に開始されたモバイルインタースティシャルペナルティは、サイトへの悪影響を最小限に抑えているようです。 ジョンはそれを認めた、と彼はたまり場で言った。「これらのわずかな降格で時々トリッキーな部分があり、検索からサイトを削除したり、100ページなどに移動したりすることはありません。 しかし、それが本当に関連性のあるコンテンツである場合は、検索結果の最初のページに表示される可能性があります。

質問は、マイケルによってビデオの21:35マークで尋ねられました。
**
実際には、文字通り毎日のように、ポップアップがニュースレターにサインオンするようになるアメリカの紙が1つあるようです。 下と下のテキストのように見えますが、毎回クリックする必要があります。 そして、私はいつも実際に不思議に思っていました。まず第一に、これが彼らに悪影響を及ぼしているのと比較して、彼らは本当に毎日このニュースレターにサインアップするようになっているのだろうか。 それは実際には非常に迷惑なので、それはネガティブになるものですか?
**
ジョンミューラーは答えた:
**
それは私たちが拾うもののように聞こえます。
そこにあることの1つは、サイトのモバイルバージョンに焦点を合わせており、モバイル検索結果でのみ使用していることです。 つまり、モバイルで表示されていない場合は、それを理解できない可能性があります。
しかし、それがモバイルでもある場合、それは間違いなく侵入型インタースティシャルのカテゴリに分類され、これは検索でWebサイトをわずかに降格するようなものだと言えます。 これらのわずかな降格には注意が必要な場合がありますが、サイトを検索から削除したり、100ページなどに移動したりすることはありません。 しかし、それが本当に関連性のあるコンテンツである場合は、検索結果の最初のページに表示される可能性があります。
**
English Google SEO office-hours from January 22, 2021

Google:サイトは一時的にポップアップを安全に表示できます

【Google翻訳】
Googleのジョンミューラーによると、モバイルサイトは検索結果にペナルティを課されることなく一時的にポップアップを表示できます。

GoogleのJohnMuellerは、ポップアップが一時的なものである限り、モバイルインタースティシャルのペナルティの影響を受けることなくサイトにポップアップを表示できると述べています。

2016年に侵入型インタースティシャルペナルティが導入されて以来、Googleからの言葉は、モバイル訪問者にポップアップを表示したり、検索でページの価値が下がるリスクを回避したりすることです。

これで、少なくとも限られた時間枠で、モバイルにポップアップを表示しても安全であることがわかりました。

侵入的なインタースティシャルにペナルティを課すことは、Googleのウェブスパムチームの優先事項のリストの上位にはありません、とミューラーは言います。

このトピックは、1月22日に開催されたGoogle Search Centralの営業時間ストリーム中に取り上げられます。サイト所有者から、期間限定でモバイルポップアップを使用してリードを獲得することについて質問が送信されます。

サイトの所有者は、1週間調査を実行し、ポップアップを表示して訪問者の注意を向けたいと考えています。

サイトは検索結果で切り下げられることなくそれを行うことができますか?

これがミューラーの言うことです。

ポップアップとモバイル検索に関するGoogleのジョンミューラー

ミューラー氏によると、モバイルユーザーに一時的にポップアップを表示するために検索結果でサイトの価値が下がる可能性は低いとのことです。

Googleがサイトの価値を下げたとしても、検索結果から削除されることはありません。 ポップアップにもかかわらず、ランキングになってしまう可能性もあります。

インタースティシャルの「ペナルティ」と呼ばれるものは、より微妙なランキング要素です、とミューラーは説明します。 微妙ではありますが、Googleの検索ランキングのサイトにある程度カウントされる可能性があります。

モバイルポップアップを使用する場合、ミューラーはそれを長く放置せず、サイトにアクセスするすべての訪問者に表示しないことをお勧めします。

**

「このようなことでウェブサイトにペナルティを科すことはないと思います。 Webスパムチームは、ポップアップを表示したことでWebサイトにペナルティを科す以外にやるべきことがあります。

関係する可能性のある2つの側面があります。 一方では、モバイルでは侵入型インタースティシャルのポリシーがあります。そのため、長すぎたり、常にすべての人に見せたりしないように注意する必要があるかもしれません。

このポリシーでは、ページを読み込んだときにページに有用なコンテンツがないことがわかった場合に、ランキングをわずかに調整するために使用するのは、より微妙なランキング要素です。 それは関係する可能性のあるものですが、それは一時的なものになるでしょう。」

**
たとえば、モバイルユーザーにポップアップを表示し始め、短い時間枠で表示する予定であるが、Googleはすぐに信号を受信するとします。 それではどうなりますか?

それはあなたのサイトに永久にカウントされるものではありません。 ミューラーは、グーグルがあなたのサイトを再クロールし、ポップアップが削除されたことを確認したときに先に進むと言います。
**

「この調査を1週間ほどサイトで行っている場合、その間にそのシグナルを受信し、そのシグナルに応答する可能性があります。その後、削除した場合は、基本的に先に進むことができます。 ですから、そこに永続的な効果があるというわけではありません。」

**

最後に、Muellerは、適切なコンテンツの代わりにポップアップを表示すると、サイトで問題が発生する可能性があると付け加えています。 Googleはポップアップのコンテンツをインデックスに登録するため、ランキングに悪影響を与えるため、これを行わないことをお勧めします。

**

「注意が必要なもう1つの側面は、通常のコンテンツではなくポップアップを表示している場合、ポップアップのコンテンツにインデックスを付けることです。 既存のコンテンツに加えてポップアップを表示している場合は、そのように聞こえますが、インデックスを作成する既存のコンテンツは引き続き存在するので、問題ありません。」

**

モバイルインタースティシャルペナルティ

インターステーシャル広告で検索順位が下がった例(体験談)

ゲイリー・イリェーシュ氏は、ツイッターでこのように説明しています。
『わずらわしいインタースティシャルを表示するページの評価を下げるアルゴリズムは、ページ単位で影響する。サイト全体ではない。』

■解決策
1:Googleに明確に改善した事を伝えるには
▼インターステーシャル広告を表示しない⇒「Fetch as Google」で報告
という対処が良いでしょう。

2:インターステーシャル広告を表示させたい場合
事情でどうしてもインターステーシャル広告を表示させたい場合は、「広告を小さくする」事です。

SEOコンサルタントのまとめ

インターステーシャル広告があまりに大きかったりすると「モバイルインタースティシャルペナルティ」となりますが、ランクダウンの度合いにも色々あるようです。インターステーシャル広告があっても関連性の高いコンテンツなら、上位表示されるようです。
Googleのジョン・ミューラー氏は。
・モバイルユーザーに一時的にポップアップを表示するために検索結果でサイトの価値が下がる可能性は低い
・「モバイルインタースティシャルペナルティ」は微妙なランキング要素だ
・ポップアップ表示でウェブサイトにペナルティを科すことはないと思います
ということを言っています。

過去に私の担当サイトが、大きなインターステーシャル広告によってサイトの順位を下げられたことがありますが、それは3年以上前の話です。Googleの対応も変わってきているのだと思います。

インターステーシャル広告関連記事

『煩わしいインタースティシャルが表示されるページは、すぐにコンテンツにアクセスできるページに比べユーザー エクスペリエンスが低くなります。画面が小さいモバイル端末であればなおさらです。Google では、モバイル検索時のユーザー体験をさらに高めるため、ユーザーがモバイル検索結果からページに遷移した際、すぐにコンテンツにアクセスできないようなページを、2017年1月10日より、これまでよりも低く掲載する可能性があります。』 1:ユーザーが検索結果からページに移動した直後やページを閲覧している最中に、メインのコンテンツを覆い隠すようにポップアップを表示する。 2:スタンドアロン インタースティシャルを表示して、それを閉じないとメインのコンテンツにアクセスできないようにする。 3:スクロールせずに見える部分がスタンドアロン インタースティシャルのように見えるレイアウトを使用して、インラインのメインのコンテンツはスクロールしないと見えないようにする。』 (Googleウェブマスター向け公式ブログ より)
「順位が落ちたのは【インターステーシャル広告を表示している為】」 だと思われます。 ■解決策 1:Googleに明確に改善した事を伝えるには ▼インターステーシャル広告を表示しない⇒「Fetch as Google」で報告 という対処が良いでしょう。 2:インターステーシャル広告を表示させたい場合 事情でどうしてもインターステーシャル広告を表示させたい場合は、「広告を小さくする」事です。
Cookie-の使用に関するインタースティシャルの例
年齢確認のインタースティシャルの例
煩わしいスタンドアロン-インタースティシャルの例
画像-Googleが提示する「煩わしいポップアップの例」

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述