PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

公開直後上位表示されるのにその後落ちる現象の理由は?

投稿日:

SEOの効果

公開直後上位表示されるのにその後落ちる現象の理由は?

公開直後に上位表示していたページが数日すると順位が下がるのはなぜ?

「公開直後は検索結果 1 ページ目に出ているのに数日後には消えてしまいます。何が理由でしょうか?」

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)

ジョン・ミューラー氏の説明の要点を簡潔にまとめると次のようになります。

●最初の段階では、そのページに関して手に入るランキング シグナルが少ないので評価が難しい
●同じトピックを扱う他のページの情報も少ない
●そこで、このくらいの順位でいいだろうとアルゴリズムが想定してランキング付けする
●時間がたつにつれて多くのシグナルが集まり、本当の評価を判断できるようになる

シンプルに言えば、最初のうちは暫定的な評価で上位表示することがあるのです。
そのページに関する情報が多くなってくるにつれ評価が定まってきます。
過大評価されていたのが、本来の評価になってランキングが落ちるのです。

初めのうちは上位表示していてほどなくして順位が下がるのは、特に新しいサイトではよく見られる現象だそうです。

逆のパターンで、競争が激しい領域では、最初は過小評価されていたけれど、実は優れたコンテンツのページだということが判明してしばらくしてから上位表示することもあります。

公開してから 6 〜 9 か月くらいまでは順位変動が激しい状態が続くかもしれないそうです。
安定した評価を得るためには、優れたサイトだということを明確に(Googleに)示すことが重要だとミューラー氏はアドバイスしています。
具体的には、次の 2 つについて言及しました。

●サイトの品質を向上させる
●検索以外でもサイトをプロモーションする――どこから来たユーザーだろうが、気に入ってもらえればリンクが集まる

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
昔「ハネムーン」と言われていた現象ですね(今でも言うのでしょうか・・?)
「そのページに関する情報」というのはクエリに関するものでしょうか?
いずれにしても一時的な順位に一喜一憂すべきではないですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述