PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

画像の代替テキスト、タイトルテキスト、ファイル名の違いは何ですか?

投稿日:

画像の代替テキストとタイトルテキストおよび。 ファイル名:違いは何ですか?

【Google翻訳】
画像の代替テキスト、タイトルテキスト、ファイル名の違いは何ですか? 検索用にそれぞれを最適化する方法を学びます。

最適化された画像の代替テキスト(代替テキストとも呼ばれます)、画像のタイトルテキスト、および画像のファイル名はすべて、優れた画像の最適化の一部です。

しかし、画像の代替テキストとタイトルの違いは何ですか?

それらを同じに保ちますか? それらをすべて違うものにしますか?

この投稿では、画像のalt属性、画像のタイトルテキスト、画像のファイル名の違いについて学び、検索用にそれらをより適切に最適化する方法に関する推奨事項を見つけます。

代替テキストと代替タグ:どちらが正しいですか?

画像の代替テキストについて考えるとき、すぐに頭に浮かぶかもしれない用語は「代替タグ」です。

ええと、altタグは実際には誤った名称であり、まったく存在しません。 代替テキスト、または代替テキストは、画像タグの代替テキスト属性です。

画像代替テキストとは何ですか?

代替テキストまたは代替テキストは、画像を「代替」ソースに説明するテキストを表示するために使用されます。

主に、その目標は、スクリーンリーダーを使用する視覚障害者が画像にアクセスしやすくし、W3Cアクセシビリティガイドラインに従ってWebにアクセスしやすくすることです。
音声ベースのプロンプターを介して供給される画像の説明を指定できます。このプロンプターは、視力の弱い人や視力のない人に、現在ページに何があるかを伝えます。

代替テキストの第2の目標は、何らかの理由でWebブラウザアプリケーションで画像をオフにすることを決定した人々のために画像を説明することです。

さらに、画像を「見る」こともできないユーザーエージェントを満足させます。

原則として、代替テキストには、画像の内容を説明するコンテキストでのターゲットキーワードの最適化を含める必要があります。 画像の代替テキストが存在しない場合は、空の画像として表示されます。

Googleは画像を詳細にクロールできないため、画像の内容を理解しようとするときに、代替テキストをフォーカスとして使用します。

代替テキストに関するW3Cのアクセシビリティガイドラインに注意することが重要です。

img要素を使用する場合は、alt属性を使用して短いテキストの代替を指定します。 ノート。 この属性の値は「代替テキスト」と呼ばれます。

画像にコンテンツを理解するために重要な単語が含まれている場合、代替テキストにはそれらの単語を含める必要があります。 これにより、代替テキストがページ上で画像と同じ機能を果たします。 画像自体の視覚的特性を必ずしも説明するものではなく、画像と同じ意味を伝える必要があることに注意してください。

画像タイトルテキストとは何ですか?

画像のタイトルテキストは、画像に関する追加情報を提供するために使用される属性です。 とはいえ、画像のタイトルは検索ランキングには使用されないため、最適化することはそれほど重要ではありません。

ただし、執拗なSEO完了主義者であり、W3C最適化を最大限に活用するためにすべてを最適化したい場合は、必ず、画像の代替テキストとタイトルテキストの両方を含めてください。

ただし、タイトルテキストを最適化するために非常識なことをする必要はありません。

代替テキスト用に最適化したものを補完する、すばやく短くてキャッチーなタイトルを使用するだけで、準備は完了です。

ユーザーの意図とユーザーエクスペリエンスを最適化の主な焦点にする必要があります

これらの属性の両方を最適化するときは、キーワードターゲティングだけでなく、ユーザーの意図にも焦点を当てる必要があります。

キーワードを付けないでください。もちろん、必要に応じてキーワードを切り替えてください。

画像の代替テキストとタイトルを最適化するときは、次のことに焦点を当てることを確認することが重要です。

この代替テキストとタイトルテキストはユーザーに役立ちますか?
この代替テキストとタイトルテキストはユーザーの意図を満たしますか?
これにより、ユーザーエクスペリエンスが向上しますか?
GoogleのJohnMuellerは、2017年のツイートで、デザイン/ポジショニングの目的で使用される画像に代替テキストを含める必要がないことも確認しています。したがって、このような空白の代替テキスト(alt =””)は問題ありません。

Googleが代替テキストを処理する方法の詳細

ジョンは、画像がリンクでもある場合、Googleが代替テキストをアンカーテキストとして使用できることを以前に述べました。
さらに、ジョンは、Googleが画像のalt属性のテキストを、画像が埋め込まれているページの一部であると見なす可能性があるとも述べています。
ミューラーがGoogle画像検索に代替テキストがどれほど役立つかを説明していることも注目に値します。特に、画像検索でランク付けしたい場合はそうです。

彼はまた、遅延読み込みが有効になっているかどうかを推奨し、画像にその代替テキストができるだけ早く含まれるようにします。
遅延読み込みの実装によっては、レンダリングが異なる場合があるため、構成をテストし、Googleがクロールしてインデックスに登録できることを確認してください。

Googleの画像に関する推奨事項

画像公開ガイドラインから直接、代替テキストのユーザーエクスペリエンスを改善するためのGoogleの提案は次のとおりです。

優れたユーザーエクスペリエンスを作成する
Google画像検索でのコンテンツの視認性を高めるには、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することでユーザーに焦点を合わせます。つまり、検索エンジンではなく、主にユーザー向けにページを作成します。ここにいくつかのヒントがあります:

適切なコンテキストを提供する:ビジュアルコンテンツがページのトピックに関連していることを確認します。ページに元の価値を追加する場所にのみ画像を表示することをお勧めします。画像もテキストもオリジナルのコンテンツではないページは特にお勧めしません。
配置の最適化:可能な限り、関連するテキストの近くに画像を配置します。意味がある場合は、最も重要な画像をページの上部近くに配置することを検討してください。
画像内に重要なテキストを埋め込まない:画像、特にページ見出しやメニュー項目などの重要なテキスト要素にテキストを埋め込むことは避けてください。すべてのユーザーがそれらにアクセスできるわけではありません(ページ翻訳ツールは画像で機能しません)。コンテンツのアクセシビリティを最大限に高めるには、テキストをHTMLのままにし、画像に代替テキストを提供します。
有益で高品質のサイトを作成する:ウェブページの優れたコンテンツは、Google画像検索のビジュアルコンテンツと同じくらい重要です。コンテキストを提供し、結果をより実用的にします。ページコンテンツは、画像のテキストスニペットを生成するために使用される場合があり、Googleは画像をランク付けするときにページコンテンツの品質を考慮します。
デバイスフレンドリーなサイトを作成する:ユーザーはデスクトップよりもモバイルからGoogle画像検索を検索します。このため、すべてのデバイスタイプとサイズに合わせてサイトを設計することが重要です。モバイルフレンドリーテストツールを使用して、ページがモバイルデバイスでどの程度機能するかをテストし、修正が必要なものに関するフィードバックを取得します。
画像に適切なURL構造を作成する:Googleは、URLパスとファイル名を使用して、画像を理解しやすくします。 URLが論理的に構築されるように、画像コンテンツを整理することを検討してください。

ファイル名の最適化

Googleは画像のファイル名を使用して、画像の主題が何であるかを正確に測定します。

代替テキストとタイトルテキストの最適化に従ってファイル名を最適化することにより、画像検索での画像のランク付けに役立つ理解を深めることができます。

ほとんどの場合、長い説明テキストを含む長いファイル名は必要ありません。
主に画像を説明するキーワードフレーズは問題ありません。

ファイル名のテキストにも画像の内容が正確に反映されていることを確認してください。

はい! 画像を最適化します。 しかし、やりすぎないでください

画像を適切に最適化することは重要ですが、全体像を見失うほど多くの時間を画像に費やす必要はありません。

あなたの画像をランク付けしてあなたのオンラインマーケティングの努力を補うために必要なものだけを使うようにしてください。

ただし、そうすることで最終的な目標を見失わないでください。ユーザーエクスペリエンスを向上させるためです。

SEOコンサルタントのまとめ

画像の代替テキスト、タイトルテキスト、ファイル名の違いは?

■「altタグ(代替テキスト)」
画像にコンテンツを理解するための重要なテキストがある場合はaltタグにそのテキストをいれましょう。それにより画像と同じ機能を果たします。

■画像タイトルテキスト
画像のタイトルは検索ランキングには使用されないため、最適化することはそれほど重要ではありませんがSEOにこだわる方はaltタグとtitleタグ両方書きましょう。タイトルテキストにはaltタグの補足やキャッチーなテキストを入れましょう。

画像SEOについてもユーザーの意図にも焦点を当てる必要があります。
▼代替テキストとタイトルテキストはユーザーに役立つのか?
▼代替テキストとタイトルテキストはユーザーの意図を満たすのか?
▼ユーザーエクスペリエンスが向上するのか?

空白の代替テキスト(alt =””)を使っても問題ありません。

ジョン・ミューラー氏は画像がリンクでもある場合、Googleが代替テキストをアンカーテキストとして使用できることを以前にコメントしました。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述