PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年7月9日)

投稿日:

Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年7月9日)

2019年7月9日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

Google Webmaster Hangout Notes: July 9th 2019[DeepCrawl]

【Google翻訳】
2019年7月9日のGoogleウェブマスターハングアウトからのメモ。

非正規ページには不要なHreflang

非正規版のページには検索に表示されないため、hreflangを実装する必要はありません。したがって、hreflangアノテーションはGoogleでは使用されません。

画像最適化チェックインデックス作成、遅延ロード方法、およびDOM内の検出可能なリンク

画像については、どの画像がインデックス付けされているかを調べることをお勧めします。遅延ロードの方法を二重にチェックし、リンクをチェックすることは、DOMでGooglebotによって発見できます。

GoogleはSERPからの検索と表示メッセージからDMCA通知を含むページを削除します

DMCAの通知が有効な場合、Googleはそのページを検索から削除し、検索結果に通知を表示します。 GSCでは、DMCAの通知に異議を唱えることができるプロセスへのリンクがあります。

柔軟なサンプリングに対するさまざまなアプローチをテストして、コンテンツとユーザーに最適なソリューションを見つける

柔軟なサンプリングを使用して、Johnはさまざまなアプローチをテストして、ユーザーに何が有効かを確認することをお勧めします。 ユーザーやコンテンツにとって最善の解決策ではないかもしれないので、Lead-inのようにすぐに極端なアプローチにコミットしないでください。

バックリンクを含む許可されていないページはGoogleでインデックスを付けることができます

robots.txtによってブロックされたページは、Googlebotによってクロールすることはできません。 ただし、許可されていないページにそれを指すリンクがある場合、Googleはそのページをクロールできないにもかかわらずインデックスに登録する価値があると判断できます。

ページの言語バージョンごとにページをGooglebotにアクセスできるようにする

ユーザーのIPまたはブラウザの言語に基づいてリダイレクトを行うサイトの場合、Johnはメインページのx-defaultを含む各言語でランディングページを利用できるようにすることをお勧めします。

Googleが競合する正規化信号を受信した場合、インデックスのないページにインデックスが作成されることがある

グーグルがあるページに関して矛盾する正規化信号を受信している場合、インデックスのないバージョンのページにインデックスを付けることができる。

国際化へのアプローチを決定する際に言語のバリエーションの数を考慮する

Webサイトの国際バージョンを構成する方法を決定する際には、言語のバリエーションの数を考慮してください。 多くのバージョンがある場合は、どのバージョンを表示するかをユーザーに決定させることができますが、バージョンがいくつかある場合は、それらを推測できる可能性があります。

Googleはリンク画像のアンカーの一部としてAlt属性を使用しています

リンクされた画像の場合、Googleはalt属性を表示しているページの説明的な部分と見なしますが、画像がリンクしているページのアンカーの一部としても使用されます。

サイト全体の末尾のスラッシュの使用に一貫性を保つ

Johnは、サイト全体のリンクで末尾のスラッシュを使用することとできるだけ一致させることをお勧めします。

Googleで通常のページとして扱われたAMPストーリー

GoogleはAMP Storiesを通常の検索ページと見なしており、サイトの通常のページと同様にリンクする必要があります。 ただし、Googleは一般的にコンテンツが薄いため、AMPストーリーのランク付けに苦労することがあります。

SEOコンサルタントのまとめ

2019/7/9Googleウェブマスターハングアウトまとめ
●非正規版のページにはhreflangを実装する必要無し
●画像がインデックス状況を調べよう
●DMCAが有効な場合は該当ページを検索から削除し通知を表示する
●インデックスのないページにインデックスが作成されることがある
●robots.txtでブロックされたページはGooglebotでクロールできない
●Googleはリンク画像のアンカーの一部としてAlt属性を使用する
●AMPストーリーは通常の検索ページと見なしている
●サイト全体の末尾のスラッシュの使用は一貫性を保つ

▼リンク
Google「URLの後にスラッシュを使用するか、使用しないか、一貫性を保ってください。」

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー
-,

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.