【SEO】新Search Consoleでの正しいサイトマップの運用法

PR



SEO】新Search Consoleでの正しいサイトマップの運用法

Googleウェブマスターオフィスアワー2018年12月17日での質問と回答です。

PR




ウェブマスター オフィスアワー 2018 年 12 月 17 日

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2018 年 12 月 17 日)

質問

新Search Consoleでのサイトマップの運用法

今までサイトを更新するたびに、旧サーチコンソールでサイトマップの再送信を行うという運用をしてきました。しかし、新サーチコンソールではサイトマップの再送信ポタンが無くなったので、サイトマップの追加で再度入力しているのですが、送信後表示される「Googleはサイトマップを定期的に処理し、変更を確認します。」
というメッセージと、サイトマップの最終読込日時が自動的に更新されていく事、再送信ボタンがなくなったという事を考えると、サイトマップは一度送信すれば後は更新だけしておけば再送信の必要はないのではないかと考えるようになりました。
新Search Consoleでのサイトマップの正しい運用方法について教えてください。

回答

■Google金谷氏
▼まだ新Search Consoleへの移行が全て完了していません。
以降が終わった段階で再送信ポタンが無いという状況でしたらそのように判断して頂ければと思います。
「サイトマップは一度送信すれば後は更新だけしておけば再送信の必要はないのではないか」
と言われれば、全くそのとおりだな、と。
Googleは頻繁にサイトマップを見にいきますのでサイトマップを更新して頂ければ新しいページはインデックスされると思います。

▼Fetch as Googleは「使わなければいけない」訳ではありません。
Fetch as Googleの使い方は「間違ってnoindexを設定してしまった」などの時であり、
通常は使用する必要がありません。

SEOコンサルタントの感想

基本的にサイトマップを作成してそれがGoogleに認識されれば。そのサイトマップを随時更新していけばインデックスはされると思います。

SEO漫画「ウェブマブ!」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク