PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googlebotが最新のChromiumレンダリングエンジンを実行!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

【SEO】Googlebotが最新のChromiumレンダリングエンジンを実行!

Googlebotが最新のChromiumレンダリングエンジンを実行しているというニュースです。

GoogleBotが最新のChromeを実行 - これは大きなニュースです

【Google翻訳】

GoogleBotが最新のChromeを実行 - これは大きなニュースです

グーグルは昨日グーグルのI / OからSEO業界にとって最大のニュースはグーグルボットが今や常緑樹であると言ったことだ。 これは、クロール目的でGooglebotに何千もの新機能をもたらします。 私は昨夜、Search Engine Landでこの記事を取り上げましたが、このニュースは誰にとっても驚くことではありません。Googleがこれをテストしているのは数週間前です。

いずれにせよ、グーグルは言った。「今日、Googlebotが検索用にページをレンダリングする際に、Googlebotが最新のChromiumレンダリングエンジン(この記事の時点では74)を実行していることをお知らせいたします。 最新のWebプラットフォーム機能のサポート。」

Googlebotが新機能をサポート
Googlebotは、ES6以降のJavaScript機能、遅延読み込み用のIntersectionObserver、およびWebコンポーネントv1 APIなど、1000以上の新機能をサポートするようになりました。 それでもまだすべてができるわけではないので、Googleは検索に関するJavaScriptの問題のページを作成しました。

まだ完璧ではない
また、GoogleはJavaScriptをレンダリングするために2つのクロールを行う必要があります。 GoogleBotが最初にあなたのページをクロールし、それからJavaScriptを完全にレンダリングするためにもう一度Martin Splittが言った。 同氏によると、まだまだ遅延があり、Googleでは1回のパスですべてをクロールしてインデックスに登録することはできません。

JSはまだ第2波でレンダリングされていますか? それとももう遅延はありませんか?

まだ遅れがあります...しかし、1000以上の新機能が現在サポートされています!

I / Oで最大のニュース
グーグルのIlya Grigorikは、このニュースはグーグルI / Oでの他のすべての発表から「ケーキを取る」と述べた。 どうして? 彼がTwitterで言ったことを見てください。

#io19の初日はラップです。 非常に多くの素晴らしいハイライトが、私は多くの中から1つだけを選択しなければならなかった場合..

Googlebotが最新のChromiumを実行しており、現在は常緑のトラック(ブログ投稿@ http://bit.ly/2VmhD2J)にも掲載されています。 Web開発者にとって大きな勝利であるだけではありません...

ES6や何千ものWeb機能を転載する必要がなくなり、ポリフィルやその他の厄介な回避策は不要になりましたが、迅速で最適化されたエクスペリエンスを楽しむことができるエンドユーザーにも大きな勝利をもたらします。 。

そして、それを可能にしたのは、ChromeとSearchの両方の面で、舞台裏のすべての人々に大きな称賛を与えた。 Chromiumでの深い建築作業、複数層の最適化(スケジューリング、レンダリングなど)を必要とする、長年にわたる旅

検索レンダリングのために(文字通りの)Webスケールで統合して実行するには、驚くほど多くの作業が必要ですが、 "Webのレンダリング"は大したことではありません。 そして、彼らはシームレスな移行でそれをすべて中止しました。 それは「ただ」ライブではなかった、それはしばらくの間ハミングし続けている...

tl; dr:ウェブへの大きなアップグレードと一歩前進。 Web開発者は喜ぶ。 そして私達みんなも同様に利益を得ます。

まだ生きていないようです
私は自分のログファイルを調べました、それでも私はたくさんの私の異なるサイトとログファイルにわたってGoogleBotのためのChrome 41を見るだけです。 他の人たちは彼らもそれを見ていないと言います。 私たちはすぐにそれを見るだろうと思う。

<新しい常緑樹グーグルボットはライブです - それともそうですか? 「URL検査」はまだあなたのサイトにChrome 41を送信します。 これはいつ変わるのだろうか。

奇妙なこと - 私のログにはChrome 74 UAの要求が見つからない - Chrome 75.0からのものだけ

それで、それは生きています、しかし、UAはただ古いUAとして読むのですか?

うん。 ハードコードされたユーザエージェントを持っているかもしれない人々にもう少し頭を上げさせるほうがよいと私たちは考えます。 これについてのブログ投稿を期待しています...

GoogleBotは共有されています
GoogleBotは、Web検索だけでなく、広告、レンダリング、その他多数のGoogleサービスで使用されています。 ゲーリーはそれを指摘したかった。

"googlebot"は共有インフラストラクチャの一部であり、さまざまなチームがさまざまな設定でそれを使用していることを指摘する必要があると感じています。 オン/オフスイッチしかないあなたのルンバのようではありません! えっ、ちょっと待って...

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.