PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年2月18日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年2月18日)

2020年2月18日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

最近変更されたコンテンツを個別のサイトマップに含める

すべてのサイトマップを定期的に送信してGooglebotが新しく更新されたページを見つけてクロールするのではなく、Johnは最近変更されたページをより頻繁に送信できる別のサイトマップに追加することをお勧めします。

サイトマップとページでHreflangを使用してもGoogleに違いはありません

hreflang設定をXMLサイトマップまたはheadタグのページ自体に含めることを選択した場合、Googleには何の違いもありません。

GSCのキャッシュ削除ツールはライブインデックスに影響しません

Google Search Consoleのキャッシュの削除ツールは、キャッシュされたページを検索結果から単に非表示にしてスニペットを削除しますが、ページのインデックス作成には影響しません。

一部の機械翻訳されたコンテンツは、インデックス化するのに十分な高品質になる

機械翻訳されたコンテンツはより洗練され、より良い結果を生み出しているため、これらのページが十分に高い品質に翻訳されていれば、インデックスに登録しても問題ありません。 ただし、翻訳結果を人間がチェックして正確性と品質を確保する必要があります。これは、翻訳された多数のページにわたってスケーリングするのが困難な場合があります。

GSCクリックデータは、リダイレクト先のページではなく、SERPに表示されるページに帰属します

ユーザーのIPアドレスなどの要素に応じてリダイレクトするようにウェブサイトが設定されている場合、Google Search Consoleは、リダイレクトターゲットページではなく、クリックされたSERPに表示されるソースページにクリックデータを関連付けます。

より一般的なページにHreflangを使用してSERPを重複排除する

ブランド名などのより一般的なクエリの場合、ユーザーが探している言語バージョンをGoogleが理解するのは困難です。 Hreflangタグは、ユーザーの言語設定を使用して、ここで誤った言語バージョンを交換するのに役立ちます。

Rel =” ugc”属性は、UGCページを指すリンクではなく、UGCページに存在するリンクで使用する必要があります

rel = ugc属性は、ユーザー生成コンテンツが含まれるページ内に含まれるリンクでのみ使用されることを意図しています。 ユーザーが生成したコンテンツを含むページを指す他のページからのリンクにこの属性を追加する必要はありません。

サイトとサイトマップ全体で一貫してタイムゾーン形式を指定する

Googleは、UTCとGMTなど、さまざまなタイムゾーン形式を理解できます。 ただし、Googleの混乱を避けるために、サイトとそのサイトマップ全体で1つのタイムゾーン形式を一貫して使用することが重要です。

APIで最新のGSCデータを利用できません

Google Data Studioなどのツールを使用すると、APIに新しいデータが含まれていないため、GSCからの一貫性のないパフォーマンスデータが表示される場合があります。 これは、APIに含める前に新しいデータを最初にクリーンアップするために処理作業が必要になることが多いためです。

SEOコンサルタントのまとめ

●最近変更されたページを頻繁に送信できる別のサイトマップに追加することを勧める
●hreflang設定をXMLサイトマップまたはheadタグのページ自体に使用しても違いは無い
●Google Search Consoleのキャッシュの削除ツールはインデックス作成には影響しない
●機械翻訳されたコンテンツは、インデックス化するのに十分な高品質になる
●Hreflangタグはユーザーの言語設定を使用して誤った言語バージョンを交換するのに役立つ
●「rel=ugc」属性はユーザー生成コンテンツが含まれるページ内に含まれるリンクでのみ使用されることを意図している
●サイトとそのサイトマップ全体で1つのタイムゾーン形式を使用することが重要

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
このサイトの翻訳コンテンツも高品質になるのかな。。。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述