PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年11月26日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年11月26)

2019年11月26日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

不自然なリンクは、アルゴリズムの更新に関係なくサイトを傷つける可能性があります

サイトが不適切なリンク構築スキームに苦しんでいると思われる場合、ジョンは、アルゴリズムの更新に関係なく、これらの不自然なリンクを削除することに集中することを推奨します。 これは、否認ファイルの使用やソースサイトからのリンクの削除など、さまざまな方法で実行できます。

GSCとログファイルのクロール統計の不一致は正常です

Google Search Consoleのクロール統計レポートには、Googlebotが使用するインフラストラクチャを通過するすべてのアクセスコールが含まれます。 これには、Googlebotのクロールとレンダリングのほか、robots.txtとサイトマップへのアクセスが含まれます。 ジョンは、クロールの統計情報は有用ですが、それらをログファイルと比較するのは難しい場合があると伝えました。

GSCとサーバーログを使用してサイトのクロール予算を理解する

Johnは、サイトのクロール予算を理解するために2つのアプローチを推奨しています。その1つは、GoogleがGSCにある個々のページをダウンロードできる速度を調べることです。 これが高い場合は、Googleができる限りクロールしたが、一部のページが欠落している可能性があることを示している可能性があります。 もう1つの側面は、サイトのクロール機能に影響を与える可能性があるため、サーバーエラーです。 サーバーログを確認すると、サーバーエラーが発生しているかどうかを特定できます。

GSCの集約レポートはサンプル数のURLに焦点を当てています

Google Search Consoleの集約レポート(モバイルユーザビリティ、AMP、リッチ結果など)は、サイトのURLのサンプルに焦点を当てています。 これに対して、カバレッジレポートにはすべてのインデックス付きURLが含まれているため、すべてのレポートで表示された合計数を比較することは困難です。 例えば。 カバレッジレポートには4,000の有効なインデックス付きページが表示される場合がありますが、モバイルユーザビリティレポートでは、これは取得されたサンプルサイズであるため、合計は2,000の有効なページのみです。

Googleはページをレンダリングする能力に基づいてモバイルユーザビリティを決定します

Googleは、ユーザーがデバイスで見るものと一致する方法でページをレンダリングする機能に基づいて、モバイルユーザビリティの結果を決定します。 CSSまたはJavaScriptファイルを取得する際に問題が発生する場合があり、Google Search Consoleでモバイルユーザビリティに関していくつかの問題が表示されます。 ただし、Johnは通常、これらは個々のファイルを取得するGoogleの能力の一時的な変動に基づいているが、これらのページのインデックス作成には影響しないとアドバイスしました。

Googleは絶対的または相対的な内部リンクを好みません

内部でリンクする場合、絶対URLまたは相対URLを使用するかどうかはGoogleにとって重要ではありません。 ジョンは、個々のサイトごとに簡単な方を使用することをお勧めします。 ただし、正規バージョンを指す絶対URLを使用すると、ユーザーとボットの両方がURLの優先バージョンを確実に見つけることができるようになります。

SEOコンサルタントのまとめ

●Google Search Consoleのクロール統計レポートにはGooglebotのクロールとレンダリングの、robots.txtとサイトマップへのアクセスが含まれる
●Google Search Consoleの集約レポートのすべてのレポートで表示された合計数を比較することは困難
●ユーザーがデバイスで見るものと一致する方法でページをレンダリングする機能に基づいて、モバイルユーザビリティの結果を決定する
●内部でリンクの場合絶対URLか相対URLかはGoogleにとって重要ではない
【白石】
内部でリンクは絶対でも相対でもSEO時には問題ないということですね。
●不自然なリンクはアルゴリズムの更新に関係なくサイトを傷つける可能性があるので不自然なリンク削除すを推奨する
▼リンク
【被リンク】Google「リンクが自然である可能性が低いサイトからのリンクは無視します」

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述