PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

リスク回避型リンクビルディング…その1「カノニカルバーンページ」とは?

投稿日:

外部対策

リスク回避型リンクビルディング…その1

[Web担当者Forum]の記事についての解説と感想

リスク回避型リンクビルディングの基本「カノニカルバーンページ」とは(前編)

今回は、格言あるいは公理とでもいうべきものを2つ取り上げる。1つ目は、これだ:

『削除できないリンクを構築してはならない』

僕もペンギン・アップデート以前はこのことがわかっておらず、いちど張ったリンクを取り除く大変さを思い知ることになった。リンクを否認することも可能だが、問題のあるリンクならばウェブからなくしてしまうほうがすっきりすることが多い。

【白石】
「手動ペナルティ」になると、できる限り自力で、怪しいリンクを外す努力をしなければなりません。
ですから、可能であれば、連絡がついてリンクを外してくれそうな相手にリンクを貼って貰うのが理想ですが、
そんなことはできる訳がありません。。

でも、それにはどうすればいいのだろうか?
リンクは他サイトに設置されるものなので、必ずしも自分のコントロール下にあるとは限らない。しかし、次の2種類のリンクは分けて考える必要がある:
●獲得したリンク
●構築したリンク

「獲得したリンク」とは、なにもせずに手に入るリンクや、すばらしいコンテンツを書いたために獲得したリンクのことだ。これに関しては、心配しなくてよい。削除しようと思うことも、ほぼないだろう。
問題は「構築したリンク」だ。実際に積極的なリンクビルディングを進めていくのなら、次のような点を意識するといいだろう:
●カノニカル「バーン」ページ
●自分のリンクプロバイダーをよく知るべし

1つは僕が「カノニカルバーンページ」と呼ぶものだ。ダークな響きがある言葉だが、実のところ、要するにリンクの保険のようなものにすぎない。
この手法の背景にある考え方は、次のようなものだ:

『コンテンツの価値とリンクの価値を1つのカゴに入れない』

もうちょっとSEO的に説明すると、「コンテンツのURLと、リンクビルディングする際のURLを別にして、そのリンク価値はcanonicalで集約する」というものだ。

【白石】
被リンクのリスク分散、ということですね。

このホワイトボードフライデーのURLが次のものだったとする:
https://example.com/risk-averse-links
このコンテンツに対してリンクビルディングするために、アウトリーチ(メールやソーシャルやリアルなどを通じての外部の人への働きかけ)を進めるとMozが決めたとしよう。その場合、まず次のようなURLを作り、アウトリーチではこちらのURLへのリンクをお願いする:
https://example.com/risk-averse-linkbuilding
ポイントは次のとおりだ:
●URLの決め方にルールはない、別URLであればいい
●ページの内容は同じにする
●リンクの価値がすべてオリジナルのページに渡るようにrel="canonical"タグ(URL正規化タグ)を入れる

勘違いしてほしくないのだが、ドアウェイページ(誘導ページ)を大量に作るという手法ではない。

SEOコンサルタントのまとめ

【白石】
私の解釈ですと。
●被リンクを貰う専用のページを作成する(TOPではないページにする)
●rel="canonical"タグ(URL正規化タグ)を入れ順位を上げたいページを指定する
●もし「被リンクを貰う専用のページ」にスパムリンクを受けたら削除する(メインコンテンツとは別URLだから削除できる)
●順位を上げたいページ(オリジナルのページ)に受けたらオリジナルのページを削除する、これが「カノニカルバーンページ」というもの?
▼これって「被リンク効果」は消えるのでしょうか?該当ページは存在しなくてもそのドメインは残っていますけど。。
でも専門家の方が言うんだから、これで大丈夫なんでしょう。。。
と言いたいですが、SEOは常に「例外」があるものです。
スパムリンクを受けたら「リンクの否認」も同時にしたほうが良いでしょう。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述