PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年7月23日)

投稿日:

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年7月23日)

2019年2019年7月23日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト2019年7月23日

Google Webmaster Hangout Notes: July 23rd 2019[DeepCrawl]

【Google翻訳】

サブディレクトリにサイトのセクションを分割すると、拡張が容易になる

ブログやeコマースセクションのようにサイトを拡張してサイトにセクションを追加することを計画している場合は、メンテナンスの観点からこれらをサブディレクトリに配置する方が簡単です。

サイト上のユーザーに価値を提供するが検索対象外のNoindex Thinページ

あなたのサイト上のいくつかのページは細いコンテンツを持っているかもしれないのでそれらをインデックスにして検索に表示することはそれほど価値がありませんが、それらがあなたのウェブサイトをナビゲートするユーザーにとって役に立つならそれらを削除するよりもむしろそれらにインデックスを付けることができます

移行と並行して新しい言語バージョンを追加すると処理が遅れることがある

Googleがサイトの移行をすばやく処理できるようにするには、1対1の移行が必要です。 移行と並行して新しい言語バージョンを追加すると、Googleはこれらの各バージョンを別々に処理する必要があるため、時間がかかります。

言語バージョンが重複している場合のGSCデータは、選択された正規のものに対してのみ表示されます。

hreflangが正しく設定されていても、Googleは類似の言語バージョンのページをまとめてインデックスを作成することを選択できます。つまり、Google検索コンソールのデータは、選択された正規ページにのみ表示されます。

通常のコンテンツの下に大きな情報ブロックのテキストがあるとGoogleを混乱させることがあるページの目的

特定のキーワードをターゲティングするためだけにトランザクションコンテンツが上部にあるが、下部に大量の情報コンテンツがあるeコマースカテゴリページがある場合、これはページの目的や商品を購入するユーザーに表示するかどうかについてGoogleを混乱させる可能性があります。 またはそれらを調べてください。

URLの長さを1,000文字以下にする

Johnは、クロールしてインデックスを作成できるように、URLの長さが1,000文字未満であることを確認することをお勧めします。

サイトの言語に関係なく、Googleでページを表示できる

ウェブサイトの言語は、そのページがGoogleディスカバーに表示されるためには重要ではありません。 主な基準は、それらがクロール可能で索引付け可能であるということです。

Googleは、ハッシュURLが固有のコンテンツにつながる場合、それらを個別のURLとして扱うことができます。

Googleは通常、ハッシュの後にあるものはすべて無視しますが、これに対する例外は、hashbang URLおよびハッシュのないバージョンのURLでは利用できない固有のコンテンツにつながるハッシュURLです。 ただし、これに頼らないようにすることをお勧めします。

URL検査ツールを使用して、Googlebotが埋め込みコメントを表示できるかどうかを確認する

Google検索コンソールのURL検査ツールを使用すると、GooglebotがFacebookのコメントなど、ページに埋め込まれているコメントを表示できるかどうかを確認できます。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏

English Google Webmaster Central office-hours hangout

SEOコンサルタントのまとめ

Googleウェブマスターハングアウト2019年7月23日のまとめ
●サイトにセクションを追加するよりサブディレクトリに配置する方が簡単
●移行と並行して新しい言語バージョンを追加すると時間がかかる
●言語バージョンが重複している場合のサーチコンソールは正規のみ表示
●下部に大量の情報コンテンツがあるeコマースカテゴリページはGoogleを混乱させる可能性がある
●URLの長さを1,000文字以下にする
●サイトの言語に関係なく、Googleでページを表示できる
●ハッシュURLが固有のコンテンツにつながる場合個別のURLとして扱うことができる。
●サーチコンソールで埋め込みコメントを表示できるかどうかを確認できる/span>

●低品質のコンテンツは削除よりNoindex
▼リンク
低品質コンテンツの対処は改善がベストな対応

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.