PR




[PR]ランサーズ

インターネット・IT・その他 マーケティング・ビジネス

Googleアドセンスで「ads.txt」のエラーが出た時に修正する方法【WordPressでエックスサーバーの場合】

投稿日:

Googleアドセンスで「ads.txt」のエラーが出た時に修正する方法【WordPressでエックスサーバーの場合】

Googleアドセンスのエラー修正について。

Googleアドセンスのエラー

▼Googleアドセンスでエラーが出てしまいました。エラーはこのようなものです。
4 個のサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する
収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルをダウンロードして、次の各サイトのルートレベルのドメインにアップロードしてください。
******.com
*********.net
************.jp
***************.com
変更が反映されるまで数日かかる場合があります。使用している広告ネットワークが他にもある場合は、ads.txt ファイルに追加してください。詳しくは、ads.txt ガイドをご覧ください。

どうやらこれは、サイトにアドセンスのアカウントを明記してサイトとしての信頼を証明する目的のもののようです。
害というか、問題はなさそうにも感じますが、アドセンスはお金に、収入関わってきますのでなんとしても直したいですよね。

【作業】
▼「ads.txt ファイルをダウンロード」
のリンクからファイルをダウンロードしておきます。

WordPressでエックスサーバーの場合の手順

私のサイトは「WordPress」で作っていてサーバーは「エックスサーバー」を利用しています。
その場合について調べて行った作業を紹介します。

【作業】
【1】エックスサーバーの「ファイルマネージャ」にログインします。
【2】修正するサイトを選びます。
【3】「public-html」をクリック
【4】右の「作成」で「文字コード」を確認。自分のサイトに合わせる。
【5】「ファイル作成」の左の空欄に「ads.txt」と入力し「ファイル作成」ボタンをクリック。
【6】「ads.txt」が新しくできるのでチェックを入れ右側「ファイルの操作」の「編集」をクリック。
【7】ダウンロードしたファイルを開き「google.com, pub-***********, DIRECT, ***********」をコピペし「保存」をクリック。
【8】これで完成。

▼ブラウザで「******.com/ads.txt」と打ってみて「google.com, pub-***********, DIRECT, ***********」が表示されれば完了です。

▼私の場合は作業してから翌日の朝にはエラー表示が消えていました!

参考サイト

【エックスサーバー】ads.txtファイルをWordPressに導入する方法[ULノマド]

SEOコンサルタントのまとめ

作業は簡単ですしすぐ反映されます。
FTPの場合は直下にダウンロードしたものをアップすれば良いみたいですね。
エックスサーバーの場合もアップすれば良いと思いましたがうまくいきませんでした。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-インターネット・IT・その他, マーケティング・ビジネス
-,

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.