PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google社員「UX(ページ上の滞在時間/時間など)をランキング要素として使用しない」

投稿日:

SEOの効果

Google社員「UX(ページ上の滞在時間/時間など)をランキング要素として使用しない」

別のGoogleは、ユーザーの行動をランキング要素として使用しないと述べています

【Google翻訳】
別のGoogleは、ユーザーの行動をランキング要素として使用しないと述べています

この質問に答える日には、このMartin SplittラップトップヘッドバンGIFが役に立つと思いました。 多くのGoogle社員は、長年にわたって、滞在時間やページ滞在時間などのユーザーアクションは、Googleが検索ランキング要素として使用しないと言ってきました。 GoogleのMartin Splittもこれを発言しました(以前発言したかもしれませんが、見たことはありません)。

「Google(検索アルゴリズム)はランキング要素としてUX(ページ上の滞在時間/時間など)を使用しますか?その場合、Googleはデータをどのように取得しますか?Googleアナリティクスデータなどを使用しますか?」 マーティンは「私たちはそのような指標を使用していません」と答えました。

これらのツイートは次のとおりです。

「Google(検索アルゴリズム)はランキング要素としてUX(ページ上の滞在時間/時間など)を使用しますか? もしそうなら、Googleはどのようにデータを取得しますか? Googleアナリティクスデータなどを使用しますか? #wmcjkt」

『このようなメトリックは使用していません。』

推測させてください-あなたのほとんどはまだ信じていませんか?

SEOコンサルタントのまとめ

ランキング要因のものについては、直接的なものと間接的なものに分かれます。
例えば「E-A-T」はランキング要因ではないと言われていますが、「E-A-T」を良くすることによりサイトの価値や評価が上がりランキングが上がることに繋がると思います。「UX(ページ上の滞在時間/時間など)」も間接的には関係があり、より良くするべきなのは間違いありません。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述