PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「システムはEATを探していないが検索結果の結果が良いEAT評価と一致する事を望んでいる」

投稿日:

SEOで1位でも

Google「システムはEATを探していないが検索結果の結果が良いEAT評価と一致する事を望んでいる」

Google:私たちのシステムはEATを探していませんが、私たちの信号がEATに合うことを望みます

【Google翻訳】
Google:私たちのシステムはEATを探していませんが、私たちの信号がEATに合うことを望みます

GoogleのDanny Sullivan氏は、検索システムは特にEATを探していないが、Googleがアルゴリズムが出力する検索結果の結果が「良いEAT評価と一致する」ことを望んでいると述べた。

Danny SullivanがTwitterに投稿しました:

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏(@dannysullivan)
それで、「EATを探している」とき、それは何を探しているのでしょうか? 最終的には、何らかのデータ測定値が必要です。

『私たちのシステムはEATを探していません。 評価者はこれを使用して、システムが良好な情報を表示するためにうまく機能しているかどうかを確認しています。 正しく言えば、人間の優れたEAT評価と一致するさまざまなシグナルがあります。 こちらもご覧ください:』

それは重要な違いです。 Googleが人間の品質評価者に見せるように指示する具体的なものは、Googleの検索アルゴリズムが探すものとは異なります。 Googleは同じ結果を目指していますが、アルゴリズムが求めるシグナルは、人間が求めているシグナルとは異なります。
いいえ、検索品質評価者はアルゴリズムを改善するためのトレーニングデータセットを作成しません。

返信いただきありがとうございます。 評価者がトレーニングデータを作成していると言っても間違いないでしょうか? または、純粋に評価的であり、それらのスコアリングは現在または将来のアルゴリズムのトレーニングに使用されませんか?

『そうではありません。 ラスターデータはランキングシステムに直接送られません。 ここで紹介します』

これはすべてEATスコアがないと言ってGoogleに戻ります。

EATとは

『E-A-T』とは「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略語です。

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
Googleの検索アルゴリズムの評価と人が見る「EAT」は違います。
つまり「EATを良くする⇒順位が上がる」ではない。
ただGoogleはそうなるのは良い事だと思っている。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述