PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google Search Console Insightsベータ版-アナリティクスとのより深い統合

投稿日:

SEOまんが3話-006

Google Search Console Insightsベータ版-アナリティクスとのより深い統合

Google Search Console Insightsベータ版-アナリティクスとのより深い統合

【Google翻訳】
Google Search Console Insightsベータ版-アナリティクスとのより深い統合

先週、GoogleがGoogle Search ConsoleとGoogleアナリティクスの統合レポートに関するメールを送信している様子を報告しました。 さて、私は今、これを匿名の情報源を通して見たことがありますが、それはかなりクールです。 これはGoogle Search Console Insightsと呼ばれ、コンテンツのパフォーマンスをかなりよく把握できます。

このスクリーンショットを共有することはできませんが、この新しいベータ機能がGoogle Search Consoleで起動した場合の機能について説明します。

●Google Search Console Insightsは、ファビコンとWebサイトのサムネイル、および「常時ページビュー」の数を含むサイトの概要を表示するところから始まります。
●次に、Google Search Consoleインサイトに「新しいコンテンツ」というセクションが表示され、新しいコンテンツのパフォーマンスが示されます。これは、Googleがコンテンツを見つけた時期、コンテンツの視聴回数、人々がその新しいコンテンツに滞在して読んだ時間を示します。
●Googleには、特定の期間の全体的なページビューと平均ページビュー継続時間を表示するセクションがあり、それをグラフで毎日表示します。
●ユーザーがページセクションを見つける方法セクションには、オーガニック検索、ソーシャル、ダイレクトなど、上位のトラフィックチャネルが表示されます。これには、合計再生回数、ページ滞在時間、および内訳の割合が表示されます。
●全体的な「最も人気のあるコンテンツ」のセクションがあり、ページ上の記事、画像、合計表示回数、および時間も表示されます。
●他のサイトからの参照リンクは、時間の経過に伴うデルタの変化とともに、ビューと継続時間を示すために分解されます。
●このセクションでは、上位の参照リンクと最新のリンクも分類されます。
ソーシャルメディアセクションには、ソーシャルメディアを通じてページビューとページビューの継続時間が表示され、Facebook、Instagram、Pinterest、Twitterなどの個々のネットワークも分類されます。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述