PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「スキーママークアップは簡単になりません。 難しくなります」

投稿日:2020年2月2日 更新日:

4-2

Google「スキーママークアップは簡単になりません。 難しくなります」

Google:スキーママークアップは簡単になりません。 難しくなります

【Google翻訳】
Google:スキーママークアップは簡単になりません。 難しくなります

Googleのジョンミューラーは、34:30マークのGoogleウェブマスターハングアウトビデオで、リッチな結果を得るためにスキーママークアップを実装することは容易ではないと考えていると述べました。 実際、彼は今後数年にわたって、より困難で複雑になり続けると感じていると語った。

ジョンは「将来、少なくとも近い将来、より多くのタイプの構造化データマークアップがあり、おそらくさらに複雑になり続けると思います」と述べました。 ビデオの後半で、彼は「しかし、純粋にマークアップの観点から、残念ながらこれがもっと簡単になるとは思わない」と言った。

どうして? 彼は、Google検索とGoogleアシスタントでサイトをより豊かにする新しい方法のために、Googleはさらに多くのタイプの構造化データマークアップとスキーマサポートを追加し続けると述べました。

開始時に埋め込まれたビデオは次のとおりです。

English Google Webmaster Central office-hours from January 31, 2020


将来、少なくとも近い将来、より多くのタイプの構造化データマークアップがあり、おそらくさらに複雑になり続けると思います。ある意味では、それらは異なる検索機能に対する多くの要件に過ぎません。そして、検索結果で本当に素晴らしいことをするために、あなたのサイトを本当にうまく強調することができます。または、Google Assistantで表示できる情報を含める方法がある場合は、Google Assistantで話すと思います。そして、これらすべては現在、構造化データマークアップに大きく依存しています。
したがって、これらの領域が拡大するにつれて、追加のマークアップが追加されることが予想されます。また、より構造化されたデータマークアップがある場合は、相互作用が複雑になり、要件が少し難しくなるという意味です。ああ、あなたは持っている必要があります、私は17文字の名前のような何かを作り上げています、あなたは15文字の名前を持つことはできません、時にはこれらのものは時間とともに変化します。だから、少なくとも近い将来、もっと難しくなると思う。おそらく長期的には、マシンインテリジェンスがそれを把握し、テキストファイルを書き込むだけで、他のすべてが自動的に行われるようになるでしょう。今後数年間はそうなるとは思わない。それで、もしあなたがちょっと好きなら丘のことを知らないなら、自分でマークアップする方法を見つけるためにもっとjson-ldを学ぶべきです。それは良いアプローチだと思います。また、コンテンツ管理システムとプラグイン、コンテンツ管理システム用の拡張機能によって、これらの多くのことが簡単に行えるようになると思います。したがって、WordPressのようなものを使用している場合は、この構造データマークアップをすべて自動的に実行するプラグインがあるかもしれません。しかし、純粋にマークアップの観点からは、残念ながらこれが簡単になることはありません。

したがって、スキーママークアップ、構造化データ、豊富な結果、およびGoogle Assistantについてさらに学ぶために、おそらく自分に投資する価値があります。

「構造化データはもっと難しくなる」とGoogle社員が予測、構造化データはSEOの必須スキル

「構造化データはもっと難しくなる」とGoogle社員が予測、構造化データはSEOの必須スキル[海外SEO情報ブログ]

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
将来的、少なくとも近い将来にもっと多くの種類の構造化データマークアップを使うようになると私は考える。そして、さまざまな検索機能の要件という点で、おそらくもっと複雑になっていくだろう。検索結果での装飾的な機能もそうだし、たしか Google アシスタントの読み上げ機能なども現状では多分に構造化データに依存している。構造化データの分野はもっと拡大していくだろうから、さらに多くのマークアップが登場してくると予想する。新しい構造化データが出てくると、実装や要件はさらに扱いにくくなってくる――作り話だが、たとえば名前の文字数は 17 文字が必要で、15 文字ではダメだとか。そういうわけで、近い将来には構造化データはさらに難しくなってくるのではないかと疑っている。

長い目で見れば、テキストを書くだけで、マシン インテリジェンス(機械知能)が自動的にすべてを理解してくれるようになるかもしれないが、ここ数年でそういった状況にはならないだろう。

「構造化データのマークアップ方法を理解するために JSON-LD を学んだほうがいいですか?」と聞かれれば、良い取り組みだと私は思う。

自分で身に付けるのもいいし、CMS やプラグイン、拡張機能を使えばもっと簡単にできるとも思う。WordPress には構造化データを自動的に追加してくれるプラグインがたくさんある。たとえば、レシピ構造化データをマークアップするプラグインをいくつも知っている。プラグイン開発者が我先にと最新の構造化データ用のプラグインを作ってくれるんじゃないだろうか。

いずれにしても、純粋に構造化データという観点から考えると、簡単になっていくとは思わない。残念ながらね。

リッチリザルトの前身であるリッチスニペットを Google が検索で利用し始めた頃を思い起こすと、たしかに構造化データは種類が増え、実装方法も複雑になっています。
コーディングが苦手な僕でも構造化データは実装できるので極度に難解とは思いませんが、複雑になってきているのは確かです。

検索結果でのリッチリザルトだけではなく、Google アシスタントがニュースを読み上げる Speakable や、 How-to や FAQ などのアクションの実行も構造化データで実装します。

構造化データの利用範囲は拡大し続けています。
機械が理解できる形でモノゴトの意味を伝えることができる構造化データは当分の間は、検索には必要な技術のままでしょう。

2014 年 9 月に、ある SEO イベントで JSON-LD について話したことがあります。
当時は、構造化データを実装しているのは先進的なサイトばかりだったうえに、JSON-LD が W3C 勧告になって間もなくのころで Google のサポートがまだ不完全でした。

そうした時代背景もあり、僕のトークは先取りしすぎていた感もあったのですが、現在では構造化データとそれを実装するための JSON-LD は知っていて当然と言ってもいいくらいの技術になりました。

SEO に真剣に取り組んでいるのに構造化データのスキルがないとしたら、心もとないように僕は感じます。

ミューラー氏が言うように、構造化データをデフォルトで実装している CMS のテンプレートやリッチリザルト用のプラグイン、あるいは構造化データを生成するツールを利用することもできます。

それでも、自分なりのカスタマイズや新しく公開されたリッチリザルト対応、トラブルシューティングを考慮すれば自身のスキルとして構造化データを身に着けておくのがベストでしょう。
構造化データに不慣れだとしたら、2020 年はぜひマスターしてください。

構造化データの役割と、JSON-LD を用いた schema.org の実装方法に関してはこちらの動画と記事が手助けになります(5 年半前のものですが今でもきちんと通用します。後半に紹介する検証ツールだけは古いので、リッチリザルト テストツールを利用してください)。

SEOコンサルタントのまとめ

難しくなる。。。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述