PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Googleがデスクトップ検索結果のFaviconsとブラック広告ラベルを元に戻す

投稿日:

内部対策

Googleがデスクトップ検索結果のFaviconsとブラック広告ラベルを元に戻す

Googleがデスクトップ検索結果のFaviconsとブラック広告ラベルを元に戻す

【Google翻訳】
Googleがデスクトップ検索結果のFaviconsとブラック広告ラベルを元に戻す

数週間前、Googleは2019年5月以降デスクトップ上で使用していたモバイル検索インターフェースの設計を開始しました。 スニペットとデスクトップ検索広告の黒い広告ラベルにファビコンをもたらしました。 このデザインリリースは、モバイルリリースと同様に検索コミュニティ内で膨大な苦情を引き起こしましたが、さらに重要なことは、モバイルリリースとは異なり、検索コミュニティ外で膨大な苦情を引き起こしました。

そのため、Googleは、この変更を元に戻すことができる(またはできない)と述べています。 現在のところ、Googleは新しい変更を実験し続け、これらのテストに基づいてデスクトップ検索のファビコンや黒い広告ラベルを削除する可能性があると述べています。 実際、Googleは金曜日にこれらの変更のテストを開始しました。

金曜日の午後にGoogleが言ったことは次のとおりです。

■Google SearchLiaison(@searchliaison)
先週、デスクトップでの検索の外観を更新して、数か月間モバイルにあったものを反映させました。 アップデートについてのフィードバックを聞いたことがあります。 私たちは常に検索機能を改善したいので、ファビコンの新しいプレースメントを試してみます…。

私たちの実験は今日から始まります。 今後数週間にわたって、テスト中にデスクトップにモダンな外観をもたらすために、ファビコンが表示されない人もいれば、異なる配置でファビコンが表示される人もいます。

以下に、さらに実験を行う理由についての完全な声明を示します。 デスクトップ向けの設計の初期のテストは肯定的でした。 しかし、フィードバック、Googleに対する人々の信頼に感謝し、エクスペリエンスの向上に専念しています。

そして、はい、多くの人は金曜日から今日までこれについてテストを行い、おそらくGoogleが言ったように数週間先に進んでいます:

ですから、今後数週間にわたって多くの変化が予想されます。最終結果はどうなるのでしょうか...

SEOコンサルタントのまとめ

ファビコン無い方がいいのかな・・・?

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述