PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google、WordPress CoreへのXMLサイトマップの構築を提案

更新日:

【SEO】Google、WordPress CoreへのXMLサイトマップの構築を提案

サイトマップについて。

Google、WordPress CoreへのXMLサイトマップの構築を提案

Google Proposes Building XML Sitemaps Into WordPress Core[Search Engine Roundtable]
【Google翻訳】

Google、WordPress CoreへのXMLサイトマップの構築を提案

グーグルのPascal Birchlerは、昨年1月からグーグルと提携していたが、それ以前は2014年からWordPressで働いていたが、グーグルとWordPressが基本的なXMLサイトマップをWordPress Coreに統合したいXML Projectmaps APIを導入するという新しいプロジェクトを発表した。 完全に拡張可能です。

これにより、WordPressにはXMLサイトマップが用意されています。 これはYoastに代わるものでしょうか。 いいえ、実際には、「この記事は、機能プロジェクトとしてWordPress CoreへのXMLサイトマップの統合を提案しています。この提案は、Yoast、Google、およびさまざまな貢献者の間の共同作業として作成されました。」

XMLサイトマップはデフォルトで有効になり、次のコンテンツタイプがインデックス可能になります。

●ホームページ
●投稿ページ
●コア投稿タイプ(ページと投稿)
●カスタム投稿タイプ
●コア分類法(タグとカテゴリ)
●カスタム分類法
●ユーザー(著者)
●さらに、WordPressによって公開されているrobots.txtファイルはサイトマップインデックスを参照します。

ジョン、ゲイリー、そして友達のように思える。

#WordPress XMLサイトマップ機能プロジェクトの提案を発表

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏
#sitemaps #xml #ᕙ( • ‿ • )ᕗ

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏
これは素晴らしい! 標準的なサイトマップ作成者を持つことは素晴らしいアイデアのように思えます!

■Google Webmasters
‏サイトマップ...どこでもサイトマップ

■木村賢氏
言わんとしてることは分かるけど大規模サイトならもっと緻密にやったほうがいい。複数に分けるルールも掲載順も。

WordPress

■WordPress
XML Sitemaps Feature Project Proposal

XMLサイトマップ特集プロジェクト提案

Webクローラーは通常、サイト内のリンクや他のサイトからページを検出しますが、サイトマップに含まれるすべてのURLをクローラーが選択し、関連付けられているメタデータを使用してそれらのURLを学習できるようにします。

今日、WordPressコアはデフォルトでXMLサイトマップを生成しないため、多数のWordPress Webサイト検索エンジンの発見可能性に影響を与えます。 WordPressプラグインレポジトリの上位15のプラグインのうち4つは、現在XMLサイトマップの独自の実装とともに出荷されており、この機能に対する普遍的なニーズと力を結集させる大きな可能性を示しています。

この記事では、機能プロジェクトとして、XMLサイトマップとWordPress Coreの統合を提案します。 この提案は、Yoast *、Google **、およびさまざまな貢献者の間のコラボレーションとして作成されました。

SEOコンサルタントのまとめ

サイトマップ、クロールは大規模サイトになるほど重要です。私もまだまだ勉強中です。

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.