PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「ページエクスペリエンスアップデートが公開されたとき、それは大きな変化ではないだろう」

投稿日:

グーグル:ページエクスペリエンスの更新は、開始するための大規模な変更にはなりません

【Google翻訳】
グーグルのダニー・サリバン氏は、ページエクスペリエンスアップデートが公開されたとき、それは大きな変化ではないだろうと言った。それは年々重要性の点で成長するかもしれない。しかし、始めに、ダニーは「そうではないはずだ」と言った。一晩で、ある種のスイッチを切り替えると、大きな変化があります。」

彼は先日のGoogleSearch Central Liveイベントでの発言に基づいて、これをTwitterに投稿しました。

念のため、このアップデートは2021年5月に開始され、SEOはこれについて多くのことを話し合っていますが、ほとんどのSEOはそれが大きな変更になるとは考えていません。

ダニー氏によると、グーグルはこの種の展開(速度、モバイルフレンドリーなど)を大規模に展開することは「通常はない」とのことで、「また、物事は相対的なものになる傾向がある」とダニー氏は語った。

始めに、ダニーはそれが大規模になることはないと述べたが、ダニーは「素晴らしいページ体験がページに一般的になるので、最初の立ち上げよりも時間の経過とともにより重要な要素になる可能性がある」と付け加えた。 、それは多くの要因の1つです」と彼は付け加え、それらの要因には関連性の要因が含まれています。Googleは、これが開始されたとき、関連性はこの他の要因よりも依然として最高であると述べました。

ツイートは次のとおりです。
■Google Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏(@dannysullivan)
@searchliaisonは、ページエクスペリエンスの更新に沿った何かが、最初はソフトな影響を与え、その後、時間の経過とともにランキングへの影響が大きくなると言っていましたか???ライブになったら、レコーディングを確認する必要があります。

一晩で、ある種のスイッチを切り替えて、大幅な変更が行われるとは限らないと言いました。これは、通常、この種のロールアウト(速度、モバイル対応など)が機能する方法ではありません。また、相対的である...

モバイルフレンドリーが始まったときを考えてみてください。まだ多くのページがそのようになる必要がありました。そのため、それは要因でしたが、最初はそれを要因としてより多く使用することはあまり意味がありません。しかし、時間が経つにつれて、(他の要因と同様に)より価値のあるものになります。

そのため、ページエクスペリエンスでは、優れたページエクスペリエンスがページで一般的になるため、最初のリリースよりも時間の経過とともに重要な要素になる可能性があります。また、これまで述べてきたように、これは多くの要素の1つです。

そうです、DannySullivanとSearchEngineLandが何年も前にモバイルフレンドリーなアップデートに名前を付けたのは「ゲドン」ではありません。

ページエクスペリエンスシグナルはGoogle検索のより強いランキング要因に将来的になることも

サリヴァン氏の発言をまとめると次のようになります。

(コア ウェブ バイタルを組み込んだ)ページエクスペリエンスのランキング要因化は、スイッチを切り替えるような、大きな変化が一晩で発生するようなことにはならない
相対的な評価にも依存する。ページ スピードやモバイル フレンドリーのランキングシグナルと同様
たとえば、モバイル フレンドリーがランキング要因になったときは、モバイル フレンドリーなサイトはまだ少なかった。この状況で、モバイル フレンドリーを強いランキング要因にしてしまうのは意味がない。しかし時間がたつとともにモバイル フレンドリーなサイトが増えてくるにつれて、影響度は強まるかもしれない
同様にページ エクスペリエンス シグナルも、多くのサイトに共通の特徴になってくれば、時間の経過とともに初期導入時よりも重要視されることがある

SEOコンサルタントのまとめ

Googleダニーサリバン氏はページエクスペリエンスアップデートについて大きな変化ではないだろうと、とコメントしました。
しかし、「時間が経つにつれてより価値のあるものになる」、つまり将来的には重要なものになる可能性がある、と言いました。
「モバイルフレンドリー」のランキングシグナルは、最初は重要なものではなかったが、現在では重要です。
「コア ウェブ バイタル」も今は重要ではないけど、いずれ重要なものになる可能性が高いようです。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述