PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「古いスパムは依然としてスパムであり、Googleのガイドラインに反しています」

投稿日:

コンテンツが面白くないと

Google:古いスパムは依然としてスパムであり、Googleのガイドラインに反しています

Google:古いスパムは依然としてスパムであり、Googleのガイドラインに反しています

【Google翻訳】
Google:古いスパムは依然としてスパムであり、Googleのガイドラインに反しています

検索スパムは、長く離れるほど古くなり、スパムの攻撃性が低くなりますか? 答えはノーかもしれません。 グーグルのジョン・ミュラー氏はツイッターで、「あなたのウェブサイトの一部がウェブマスターのガイドラインに準拠しておらず、ウェブマスターのガイドラインに準拠したいのであれば、それらの準拠していない部分がどれだけ古いかは問題ではありません。」
そのため、サイトの残りの部分がスパムではない場合、サイトの一部であっても、古いスパムはGoogleのウェブマスター向けガイドラインに違反しています。
ここにそれらのつぶやきがあります:

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
フォローなし、relスポンサー付きタグのないスポンサー付きコンテンツがある場合、ペナルティが発生する可能性がありますか? すべてのコンテンツは非常に古いコンテンツ(3年)なので、これらのページにタグを追加する必要がありますか?
または、最新のスポンサー付きコンテンツ(過去6か月間のコンテンツ)に追加する必要がありますか?

ウェブサイトの一部がウェブマスターガイドラインに準拠しておらず、ウェブマスターガイドラインに準拠したい場合は、それらの非準拠部分がいくつ古くても問題ありません。

したがって、しばらくスパム行為をしたことがある場合は、それを忘れてしまいますが、サイトの他の部分はしっかりしているため、心配する必要があるかもしれません。

これは私に何年も前のことを思い出させます。文字通り何年も前に、私はいくつかの新しいスパム技術をテストするために、サブドメインのサイトの1つに何かを公開しました。 試してみて忘れてしまいましたが、数年前からありました。 それから、Googleの誰かがそれを見つけて、スパムチームがそれを見つけたと非公開で私に呼びかけました。 繰り返しになりますが、これは何年も前のことであり、自動化されたペナルティなどの前です。

しかし、そうです、もしあなたがあなたのサイトにスパムがあれば、たとえそれが古くて古くても-それでもあなたを傷つける可能性があります。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述