PR




[PR]ランサーズ

SEO

2019年11月のGoogleローカルアップデート(ローカル検索にニューラルマッチングを採用)について【まとめ】

投稿日:

LPOって

2019年11月のGoogleローカルアップデート(ローカル検索にニューラルマッチングを採用)について【まとめ】

Googleは2019年11月のGoogleローカルアップデートを確認しました-これが私たちの知っていることです

【Google翻訳】
Googleは2019年11月のGoogleローカルアップデートを確認しました-これが私たちの知っていることです

Googleは、これまでで初めて、Google Localの更新を確認したと思います。 GoogleはTwitterで、ここで何度か書いた11月のローカルアップデートを確認しましたが、Bedlamアップデートと呼ぶ人もいます。 しかし、GoogleはそれをNov. 2019 Local Search Updateと名付けた。

11月7日にこのアップデートについて最初に書いたのは、数日間連続してローカルSEOコミュニティ内で多くのチャットがあったことです。 それから、Joy HawkinsはこれをBedlamアップデートと名付けました。これは関連性のあるアップデートであると考えていました。 それは初めてローカルアルゴリズムに入るニューラルマッチングでした。

Search Engine Landでこのアップデートについて書いたので、このアップデートについて私が知っていることをすべて見てみましょう。

(1)Googleはローカルクエリにニューラルマッチングを追加しました。Googleが2018年に通常のクエリに対して行ったことは次のとおりです。

■Google SearchLiaison(@searchliaison)
11月初旬に、ローカル検索結果を生成するプロセスの一部としてニューラルマッチングの使用を開始しました。 ここで詳しく説明するように、ニューラルマッチングを使用すると、単語が概念にどのように関連しているかをよりよく理解できます:https://twitter.com/searchliaison/

(3)Googleはこれを2019年11月のローカル検索アップデートと呼んでいます

(4)完全に展開されていますが、AIベースなので、時間とともに状況が変化します:

2019年11月のローカル検索更新と呼ばれるローカル検索のニューラルマッチングが完全に展開されました。 ただし、ウェブ検索の場合と同様に、常に小さな更新が発生するため、結果が変わる可能性があります。また、コンテンツ自体も常に変化します...

(5)影響を受けた場合に変更する必要のあるものは何もありません、あなたがしていることをやり続けるだけです:

ローカル検索でニューラルマッチングを使用する場合、企業に代わって変更を加える必要はありません。 成功を目指す人は、https://support.google.com/business/answer/7091で提供する基本的なアドバイスを引き続き遵守する必要があります…

(6)すべての言語と地域に影響を与えるグローバルな発売です。

質問をしてくれた人(そして良い質問をありがとう)にとって、これは世界の国々と言語をカバーする世界的な発売でした。

(7)更新は継続されますが、大きな変更はすでに解決されているはずです。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏(@dannysullivan)
説明したように、システムは常に更新され、コンテンツ自体が変更されるため、常に変動があります。 ただし、先月初めに指摘されたニューラルマッチングの更新による大きな変更は解決されるはずです。

「ダニー、日々の変化はまだまだたくさんあります。 ローカルパックの結果としては非常に珍しい速度で物事が跳ね回っています。 これはこのアップデートの新しい基準ですか、それともまだ展開されているためですか?」

『DNeuralマッチングが行われます。 しかし、そうは言っても、改善され続けるでしょう。 さらに重要なことは、常に他の更新があることです。 それが、このパートで扱っていたものです:https://t.co/0zS8kcmIgG https://twitter.com/searchliaison/status/1201549328801648643?s=21…』

(8)検索は新しいものではなく、ローカル検索結果には新しいものです。

昨年からすべてのオーガニックWebの結果に使用しました。 現在、ローカルリスティング(IEマップパックなど)に適用されています

(9)スパムと戦うことは具体的ではありませんが、役立ちます。

「特定の目標についてコメントはありますか? biz name spamのキーワードに関して何かが行われていると言うことができると便利です。」

『スパム特有ではありません。 全体的な理解を深めることです。 しかし、それは特にそのタイプのスパムに役立つ可能性があり、一般的に企業がすべてのキーワードを名前に押し込まなければならないというプレッシャーを感じないようにするのに役立つ可能性があります。』

(10) This is unrelated to BERT:

いいえ。ニューラルマッチングはBERTとは別です。 BERTについて述べたことに変更はありません。

ダニー、これはGoogleがBERTモデルをローカル検索に適用しているということですか? またはニューラルマッチングはBERTモデルと同じではありませんか?

BERTはニューラルマッチングとは異なります。

(11)これは似ていますが、ハミングバードとはまったく異なります。

ニューラルマッチングとハミングバードアルゴリズムの違いは何ですか?

概念は似ています。 Hummingbirdは、クエリの一部であるすべての単語をより考慮に入れることで、クエリについての理解を深めました。 ニューラルマッチングについては、前のリンクで説明しました。

(12)これは言語に関するものであり、近接性ではありません:

返信いただきありがとうございます! 近接はニューラルマッチングにどのように影響しますか? 明らかに、それはローカルリスティングにとって大きな要因です。

それは言語ではなく、近接性です。 しかし、言語は何かが場所に関連していることを理解するのに役立つかもしれないという程度まで、それは影響を与えるかもしれません。

(13)ニューラルマッチングは、クエリとコンテンツの両方を調べます。

要するに、ローカルランキングの基本はここでは変わらず、Googleがローカルクエリをどのように理解するのかということです。

はい、ただしクエリとコンテンツの両方を理解するのに役立ちます

(14)Googleマイビジネスリスティングとその他の両方のコンテンツ:

コンテンツどこ? GMBリストまたはビジネスのドメインにある

これは、ビジネスに関する情報を収集するすべての方法に適用されます。これには、GMBリスティングやWebに関するコンテンツが含まれます。

(15)Googleは、ローカル検索の更新を今後も継続して更新しようとします。これは、Googleがローカル更新を確認した初めての例です。

うん、それは別のものですhttps://twitter.com/dannysullivan/status/1201553237393887232…

Dannyがローカルリスティングで発生していることについて具体的なフィードバックを行ったと思うのは初めてです。

はい。 これからもっと多くのことをしようとしています。


したがって、このロールアウトには、2019年11月のローカル検索の更新と、Googleがローカル検索にニューラルマッチングを追加した方法に関する15の事項があります。

Google、ローカル検索にニューラルマッチングを採用した “Nov. 2019 Local Search Update” を導入済み

「ニューラル マッチング」とは?

「ニューラル マッチング」もしくは「ニューラル ネットワーク」は、簡単に言うと、言葉そのものではなくその言葉の背後にある意図・意味・概念を理解する人工知能的な機能です。

ウェブ検索では 2018 年からすでにニューラル マッチングが導入されています。
創設 20 年時に公開したブログ記事で、Google はニューラルマッチングの検索への導入について次のように説明しています。

こうした変化はそれぞれ AI の進歩によって支えられています。Google が創業した当時には不可能だった水準にまで、AI の進化は言葉の理解を可能にしています。これはとてもエキサイティングなことです。20 年以上前、私が学生時代に触れたニューラルネットワークはまったく使えたものではありませんでした。

そして今、私たちはニューラルネットワークが「単語の理解」から「概念の理解」を可能にする、大きな飛躍の局面を迎えています。ニューラルネットワークの分野で開発された neural embedding と呼ばれる手法は、言葉をより曖昧な、根本的な概念へと変換することで、検索クエリの概念と文書の概念を対応づけることができます。私たちはこの手法を「ニューラル マッチング」と呼んでいます。これにより、たとえばユーザーが「テレビが変なんだけどなぜ?」といったような質問をした場合、質問の単語がページに含まれていなくても、対象となるページを表示することができるようになります。 (なお、テレビの写りが変な理由としてソープオペラ効果という現象が挙げられます)。

ウェブ検索へのニューラルマッチング導入は、30 %のクエリに影響を与えたとのことでした。

このニューラルマッチングをローカル検索にも Google は採用したのです。
すでに展開は完了しています。

ニューラルマッチングが適用されたローカル検索

ニューラルマッチングが適用されるローカル検索とは、たとえばローカルリスティングのような地図結果です。
説明したようにウェブ検索結果ではニューラルマッチングは導入済みです。

BERT や RankBrain、ハミングバードとは異なる

人工知能や機械学習を利用して言葉の意味を理解するというと、最近では BERT(バート)。 が導入されました。
少し遡ると、RankBrain(ランクブレイン) や Humming Bird(ハミングバード)といったアルゴリズムが導入されています。
重なる部分はあるかもしれませんが、それぞれ異なる役割を担っています。
ニューラルマッチング: (クエリに含まれる)単語と概念の関連付け
RankBrain: ページ(のコンテンツ)と概念の関連付け
Humming Bird: すべての単語を考慮したクエリの理解
BERT: 自然言語の理解 ※日本語のウェブ検索では未導入

SEOコンサルタントのまとめ

他のアルゴリズム変更と同様、特別に対処する必要はありません。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述