PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「ページベースの異なるインテントコンテンツは、サイトレベルではなく、混乱する可能性があります」

投稿日:

Google:ページベースの異なるインテントコンテンツは、サイトレベルではなく、混乱する可能性があります

【Google翻訳】
グーグルのジョン・ミューラー氏は、コンテンツの意図が異なることについてグーグルを混乱させることになると、それはサイトレベルではなくページレベルでの問題であると述べた。 ジョンは「多くのウェブサイトには異なる種類のコンテンツが混在しているだけだ」と述べ、それは「ウェブサイトレベルではなくページレベル」の問題だと彼は示唆した。

これは、クリスチャン・クンツが情報ブログのあるeコマースサイトについて尋ねたビデオハングアウトの10分後に発生しました。これは、サイトが情報クエリとトランザクションクエリのどちらであるかをGoogleが考えるのを混乱させるでしょう。

クリスチャン・クンツは、「前回、私たちが持っているWebサイトに関するいくつかの問題について話しました。これは、情報やトランザクションに関するものがあるeコマースWebサイトです。そうです、あなたのアドバイスは、このコンテンツをトランザクションに少し分けることでした。 指向性と情報指向のページです。これについて別の質問があります。たとえば、eコマースWebサイトがあり、巨大なブログや雑誌など、情報が豊富にあるものがある場合は、 ものですが、古いセクションです。一方、これらの製品ページやカテゴリなどはすべてあります。純粋な情報を含むこの巨大なブロックは、Webサイト全体に一種の情報タッチまたはキャラクターを提供します。 グーグルは、これがもっと、人々が物を買うのではなく情報を得ることができるものなのか、それともこの評価がページごとに行われるのか、私たちにはわからないと言っています。」

グーグルのジョン・ミューラーは、「私たちはそれを文書化または定義しているとは思わない。しかし、これはページレベルのものであると理解している。なぜなら、それは-つまり、純粋にそれを次のように考えようとしたからだ- -わかりません-どのように実装するかなどの実用的な方法で、ウェブサイト全体を見てください。多くのウェブサイトには、さまざまな種類のコンテンツが混在しているだけです。次に、これらのページのどれを見つけようとしますか。 検索者の意図に一致し、それらを適切にランク付けするようにしてください。したがって、これはWebサイトレベルではなく、ページレベルにあるものだと思います。」

クリスチャンは、「だから、私たちにはありません。テキストコンテンツをどんどん追加することで、製品ページなどを薄めるリスクはありませんか?」と答えました。

ジョンは、「そうは思いません。つまり、ニュースWebサイトでは、最近のイベントのようなものがありますが、発生した古いイベントのセクションもあることがよくあります。 わからない-9/11。または他の大きなイベントの場合、それらは一種の孤立したアーカイブセクションを持っています。そしてそれらは非常に異なる意図です。本当に今起こっていることをしたい場合、またはある種の情報調査をしたい場合は、 エバーグリーンタイプのコンテンツです。また、ページごとに確認する必要があります。ここにはいくつかの調査コンテンツがあるため、これは調査Webサイトであるとは言えません。」

したがって、情報、トランザクション、またはその他のインテントに関するこのインテントが同じコンテンツに混在しているが、サイトの複数のページにまたがっていない場合は、これについてもっと心配する必要があるようです。

English Google SEO office-hours from October 8, 2021

Re:コンテンツの*意図*についてGoogleを混乱させますか? (話題性ではありません)-> @johnmu経由:サイトレベルのものというよりもページレベルのものです。 多くのサイトで相違があります。 コンテンツの種類(ブログとecommのトランザクションなど)。 より多くのブログコンテンツを持つことは問題ありません

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述