PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

GoogleはHTMLの大文字の使用を無視します

投稿日:

GoogleはHTMLの大文字の使用を無視します

【Google翻訳】

これらすべてのブログ投稿で私が行っているHTMLコードを手動で入力すると、非常に古い学校を使用していますが、コントロールが気に入っています。HTMLコードにタイプミスがある場合があります。 私が持っている最も一般的なタイプミスはhrefタグを実行することですが、<タグをトリガーするためにShiftキーを押す必要があり、その直後にAが来るため、AIは大文字になります。 hrefタグに大文字のAを書き込む方法はいつも嫌いですが、いつも急いでいて、どちらの方法でも機能することがわかっているので、そのままにしておきます。 しかし、それはグーグルに何か問題を与えますか? 答えはノーです。Googleはこれらのタイプミスを予期しており、ブラウザで動作するため、Google検索でも動作します。 グーグルのジョン・ミューラーはツイッターでこれについて尋ねられ(私がそこで何をしたかを見てください)、彼は「HTML属性名のIMO大文字化は無視されます(例えば、XHTMLでは完全に大文字になっていることが多い)」と述べました。 彼は、それを小文字にして一貫性を保つことは理にかなっていると付け加えましたが、ちょっと。 ジョンのツイートは次のとおりです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
大文字の意味ですか? HTML属性名のIMO大文字は無視されます(たとえば、XHTMLでは完全に大文字になっていることがよくあります)。 個人的には一貫性を保つようにしていますが、非常にうるさい独自のツールを使用しているのでない限り、それはおそらく問題ではありません。

私はおそらくこの構文をすばやく見つけて置き換え、すべての大文字を修正することができます。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述