PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google検索はB2BとB2CのWebサイトを区別できますか?

投稿日:

Google検索はB2BとB2CのWebサイトを区別できますか?

【Google翻訳】
GoogleのJohnMuellerは、Google検索がB2BとB2CのWebサイトの違いを理解しているかどうか尋ねられました。 ジョンは、「違いを直接理解していない。本質的にはWebページであり、同じクエリにランク付けできるのであれば、そうなる可能性がある」と述べた。

これはTwitterにあり、質問は「GoogleはB2CWebサイトよりもB2BWebサイトにサービスを提供する方法を理解していますか?B2BとB2Cは同じポジション/キーワードをめぐって競合していますが、2つの異なるビジネスモデルであるため、これを尋ねます」と書かれていました。

これらのツイートは次のとおりです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
@JohnMu Googleは、B2CWebサイトよりもB2BWebサイトを提供する方法を理解していますか? B2BとB2Cは同じポジション/キーワードをめぐって競合していますが、2つの異なるビジネスモデルであるため、これをお願いします。

私たちはその違いを直接理解していません。 それらは本質的にウェブページであり、同じクエリにランク付けできるのであれば、そうかもしれません。

しかし、Googleは検索者の意図と、それをその意図に最も関連性の高いコンテンツまたはWebページに一致させる方法を理解していると思います。 したがって、GoogleはサイトをB2BとB2Cとして明確にラベル付けしないかもしれませんが、おそらくこれは別の方法で行います。

SEOコンサルタントのまとめ

質問:「Google検索がB2BとB2CのWebサイトの違いを理解している?」
回答(Google ジョン・ミューラー氏):「違いを直接理解していません。本質的にWebページであり、同じクエリにランク付けできるのであれば、そうかもしれません」

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述