PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「GoogleBotがウェブサイトにフォームを送信することはめったにありません」

投稿日:

SEO漫画3話-013

Google「GoogleBotがウェブサイトにフォームを送信することはめったにありません」

Google:GoogleBotがウェブサイトにフォームを送信することはめったにありません

【Google翻訳】
Google:GoogleBotがウェブサイトにフォームを送信することはめったにありません

グーグルのジョン・ミュラー氏は、グーグルボットがあなたのウェブサイトでフォームを提出することは極めてまれだと述べた。 彼は昔、特にサイトナビゲーションがなく、パブリックコンテンツにアクセスする唯一の方法がサイトの検索ボックスを使用することであった政府のWebサイトでこれを頻繁に行ったと彼は言った。 しかし、今日ほとんどのサイトはリンクを介した適切なナビゲーションを備えており、Googleがフォームを送信しなければならないことはまれです。

グーグルボットがあなたのサイトでフォームを送信しているのを見た場合、グーグルがサイトを正常にクロールできるように、サイトのナビゲーションとアーキテクチャを改善する必要があるかもしれないと彼は付け加えました。

彼は15:08のマークでこれをこのビデオに言いました:

English Google Webmaster Central office-hours from April 28, 2020

これが筆記録です:

Googlebotがフォームを送信することは非常にまれです。
これは、ウェブサイトが適切にクロールできないように構造化されていた当初、私たちが主にこの方法で行っていたものです。特に、サイトに多くのコンテンツがある政府の多くのWebサイトでこの問題を確認しましたが、それを見つけるには、検索フォームに移動して実際にそのコンテンツへのリンクを見つける必要がありました。そして、そのようなサイトにとって、詳細なコンテンツにアクセスする唯一の方法は、検索フォームを経由することでした。

ただし、ほとんどすべての最新のサイトでは、通常のクロールが可能であり、カテゴリとサブカテゴリを使用してクロールできる構造を作成することに慣れています。本質的に私たちは決してフォームを通過する必要はありません。

したがって、サーバーログを見てGooglebotを見ると、サイトにログがあり、Googlebotを見ることができる人のほとんどは、サイトにあるフォームを送信するGooglebotを見ることはないと思います。

つまり、これは非常にまれなことであり、通常はWebサイトで発生した場合、通常はクロールできない兆候です。多くのコンテンツがあることを認識しているが、実際にはそのコンテンツをまったく見つけることができない。

だから、これが起こっているのを見ているなら、私のサイトのナビゲーション構造に関して、私が何を間違っているのか、私が違うことをしているのかというような方向に行くつもりです。それが第一の側面だと私は思います、そしてそれを念頭に置いてiframeや他のドメインのようなより複雑さを追加することで、私はそれの多くが単に実用的な理由のためだけに起こらないと思います。誤ってクレジットカード番号などを入力したり、誤ってGooglebotがオフにして購入したり、連絡フォームにランダムな情報を入力したりするような状況に遭遇しないようにするためです。これらすべては実際には意味がなく、誰よりも多くの問題を引き起こします。つまり、iframeやその他のドメインを使用した構成がある場合、Googlebotがそれを通過することはおそらくないと思います。

2008年、Googleはフォームの背後にあるコンテンツをクロールできると述べましたが、2015年にGoogleが言ったのは、通常のナビゲーションでコンテンツにアクセスできない場合に限られます。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述