PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年4月3日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2020年4月3日)

2020年4月3日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

否認ファイルはURLごとに発生します

Googleがサイト上の個々のリンクを再クロールするときに、否認ファイルに記載されている場合、Googleは基本的にリンクをドロップします。 これはサイトの所有者が待つ必要のあることではなく、段階的に行われます。

Covid-19のために一時的にWebサイトをシャットダウンする必要がある場合は、503コードを返さないようにしてください

SEOの観点から注意すべき重要な点は、ページまたはWebサイトを停止せず、503ステータスコードを返さないことです。 これを行うと、Googleはページを検索結果から削除し、場合によってはインデックスから完全に削除します。

Googleは医療規約に関連するサイトを具体的に除外していません

ジョンは、Googleが特に健康用語に関連するサイトを除外していることに気づいていません。 検索結果に表示されるコンテンツには、ユーザーからの大きな期待があります。 つまり、フィルター処理ではなく、アルゴリズムが期待どおりに機能していることを確認して、最も関連性の高いコンテンツをユーザーの前に表示します。

GoogleがJavaScriptリンクを検出してクロールできる

JavaScriptによってリンクが挿入された場合、Googleはそれを検出してクロールできます。 アナログボタンやその他の種類のアンティークハンドラーのようなものを使用している場合、Googleはそれらを追跡できません。

サイトでキーワードの有効化に問題がある場合、ジョンは1つのページに重点を置くことを推奨します

キーワードの共食いに関する問題に対処する場合、ジョンは1つのページに集中することをお勧めします。 同じトピックをカバーするページが多いほど、Googleがいずれかのページを選択することが難しくなります。 また、ユーザーがどのページを見ているべきかを理解するのが難しくなります。 また、サイトで複数のリソースを維持することはより困難になります。

Googlebotがサイトをクロールするとき、Googleは常に明確になります

Googleの従業員がブラウザを介してサイトにアクセスする可能性があります。この場合、Googlebotとして表示されません。 ただし、ボットクロールの場合は、ページにアクセスしてインデックスを作成するときに明確にしたいため、常にGooglebotを宣言します。

アンカーテキストは、ページにより多くのコンテキストを提供するのに役立ちます

Googleはリンクアンカーテキストとページコンテンツを組み合わせて、リンク全般をよりよく理解することができます。

Googleはさまざまな形式の動画を理解できます

Googleはページ上の動画を理解するのが得意です。Googleが動画にアクセスできる限り、どのような形式でも問題ありません。 ビデオコンテンツについてGoogleに明示的に伝えるために使用できるスキーマもあります。

メタの説明が一意であり、ページの意図と一致していることを確認してください

グーグルがメタ記述を上書きする2つの主要なインスタンスがあります。 まず、Googleは、ページに無関係なメタ説明があるかどうかを識別しようとします。 または、説明がユーザーの検索内容とまったく一致しないが、ページコンテンツは一致する場合。 Johnは、説明が一意で短く、ページのコンテンツと検索者の意図と一致することを確認することをお勧めします。

SEOコンサルタントのまとめ

●否認ファイルはURLごとに発生します
●503を返すとページが検索結果から削除され場合によってはインデックスから完全に削除されます
●Googleは医療規約に関連するサイトを具体的に除外していません
●GoogleはJavaScriptリンクを検出してクロールできる
●キーワードの共食いに関する問題に対処する場合、1つのページに集中することをお勧めします。
●アンカーテキストは、ページにより多くのコンテキストを提供するのに役立ちます
●Googleはさまざまな形式の動画を理解できます
●メタの説明が一意であり、ページの意図と一致していることを確認してください

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述